スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

脂肪吸引前の血液検査って、どんなことをするの?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/20

脂肪吸引の手術を受けることができるか、事前に血液検査を行います。血液検査が必要な理由や検査項目を紹介します。

脂肪吸引の手術前に血液検査が必要な理由

脂肪吸引は、麻酔後に皮膚に小さな穴を開け、そこから吸引管を挿入して脂肪を吸い取る外科手術です。傷は小さいものですが、身体への負担がかかります。手術に耐えられる身体であるか、事前の血液検査で健康状態を確認する必要があるのです。手術前には、血液検査を受け、検査結果によっては、手術が受けられないケースもあります。

脂肪吸引前検査の項目

脂肪吸引の血液検査では、主に次のことを調べます。1回の血液検査で全て調べることができます。

貧血がないか

手術では、脂肪とともに血液も吸引されるため、貧血症状が悪化してしまう可能性があります。

血液が止まりにくくないか

血液が止まりにくい人は、術中や術後に大量に出血する可能性があります。

栄養状態に問題がないか

栄養状態が悪く、特にタンパク質が不足していると、術後に体調不良に陥る可能性があります。

肝臓や腎臓に異常がないか

肝臓や腎臓に異常がある場合は、術中の麻酔や術後の内服薬で十分な効果が得られなかったり、腎臓や肝臓の機能に影響が出たりする可能性があります。

感染症(B型肝炎、C型肝炎、HIV)がないか

感染症があると、手術を担当する医師やスタッフに感染する危険性があります。それを回避するために、事前に確認します。

クリニックによっては、別の病院で受けた血液検査の結果を郵送することで、対応してくれるところもあります。遠方のクリニックで脂肪吸引を受ける場合、血液検査のためだけにクリニックへ行くことができない場合もあるでしょう。

郵送で受け取ってもらえるか、問い合わせるとよいでしょう。ただし、脂肪吸引の血液検査は項目が多いため、職場などで受けた健康診断の血液検査では不十分です。必要な検査項目を、事前にクリニックにきちんと確認するようにしましょう。

脂肪吸引を受けられない人

血液検査の結果以外でも、次のような人には、脂肪吸引の手術を受けられないことがあります。

  • 妊娠中、授乳中の人
  • 麻酔に対してアレルギーがある人
  • 体脂肪が極端に少ない人
  • 強度の貧血の人
  • 免疫値が正常でない人

さらに、持病や服用している薬によっても、手術ができないケースがあります。ただし、医師やクリニックの見解が異なることもあるため、事前にホームページで確認したり、直接問い合わせたりするとよいでしょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー