スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

脂肪吸引をした後はいつから入浴ができるの?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/20

脂肪吸引をした後の入浴は、いつからできるのでしょうか。また、入浴時の注意点についても解説します。

手術当日のシャワーはOKだが傷口は濡らさないこと

手術当日でも、シャワーを浴びることは可能ですが、傷口を濡らさないように注意が必要です。脂肪吸引で切開した傷口は、術後1週間ほどで抜糸を行いますが、手術当日から3日間ほどは、まだ傷口が塞がっていません。防水のテープなどで傷口を保護しながらシャワーを浴びるとよいでしょう。

ただし、濡れると取り返しがつかないことになるわけではありません。不注意でちょっと濡れてしまったとしても、きれいなタオルなどでやさしく拭き取れば、問題はありません。防水のテープなどを貼ってくれるクリニックもありますので、確認するのもよいでしょう。

抜糸前は強く擦らないこと

手術から3日ほど経ち、表面の傷口が塞がれば、濡らしても大丈夫です。全身にシャワーを浴びたり、石けんで傷口を軽く洗ったりもできるようになります。ただし、傷口をゴシゴシこするのは避けてください。また、体が温まって血行がよくなると、腫れが出やすくなるため、お風呂につかるのもおすすめできません。

湯船につかっていいのは抜糸後

術後1週間ほどして抜糸が終われば、普段通り湯船につかったり、全身を石けんで洗ったりできるようになります。

手術部が腫れないための注意点

術後3日ほどすれば、炎症が治まって徐々に腫れがひいてきますが、血行がよくなると、腫れが悪化してしまいます。抜糸が終わるまでは、入浴はもちろん、飲酒や激しい運動を避けましょう。抜糸後は逆に、血行をよくすることで腫れや内出血が治りやすくなることがあります。入浴や適度な運動などをするとよいでしょう。

術後の運動については『脂肪吸引した後はいつから運動していいの?』で確認しましょう。

上記の期間は、目安になります。術後の入浴については、治療法、治療の部位、範囲、吸引量、体格、年齢などによっても違いがでます。担当医の指示に従い、腫れや痛みが強いときは、入浴を避けるようにしましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー