スキンケア大学 メンズスキンケア大学

アメリカのオーガニックコスメについて

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/20

アメリカのオーガニックコスメの特徴についてお伝えします。

アメリカのオーガニック事情

ヨガやジム、ジョギングなどの人気が高く、ベジタリアンも多いなど、健康に対して意識の高い人が多いアメリカ。オーガニック料理の飲食店も多く、世界のオーガニック食品市場の半分をアメリカが占めるほど、オーガニックが広く普及しています。

食品以外にも、化粧品や衣料品などオーガニック製品は幅広く人気があります。健康的で地球環境にもやさしいライフスタイル「ロハス(Lifestyles of Health and Sustainability)」を積極的に推奨しているのも、アメリカの特徴といえるでしょう。

アメリカのオーガニック認証「USDA」とは

アメリカでは、化粧品に関する明確なオーガニック基準が確立されていない部分があります。そのため、農産物や畜産物などの食品が主な対象であるオーガニック認証基準「USDA」を、オーガニックコスメの認証機関として採用することが多くなっています。

USDAとは、United States Department of Agricultureの略で、米国農務省のこと。合成肥料や下水汚泥、放射線照射、遺伝子操作を禁止し、3年以上無農薬で栽培している土壌であることなど、オーガニック認証には厳しい基準が定められています。ほかにも、薬品を使用している農家と決められた距離を保っていることも条件のひとつです。

このような基準を満たしていることを確認するために、現地査察を受けて政府に認証されなければなりません。認証後も、毎年査察が行われます。

詳しくは、『オーガニック認証のUSDAとは』をご覧ください。

厳しい認証基準をクリアしたアメリカ産オーガニックコスメ

ハーブなどの植物の力に、新しい成分や製法を組み合わせて個性的なコスメを作り出すのがアメリカの特徴といえるでしょう。オーガニック食品が豊富なアメリカでは、コスメもオーガニックのものが人気です。調剤薬局やヘアサロン、養蜂家が生み出したブランド、ロハス文化発祥の地であるコロラド州ボルダー発のブランドなど、その種類もさまざま。また、質が高いにもかかわらず、比較的リーズナブルなものが多いのもアメリカのオーガニックコスメの魅力です。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー