スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

まぶたの痙攣(眼瞼痙攣)の治療法

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/23

まぶたの痙攣(眼瞼痙攣)の検査・治療法

眼瞼痙攣の治療では、まず診断を確定し、原因に応じた段階的な治療を検討します。原因が不明である場合も含め、痙攣自体を止める治療が行われます。ドクター監修の記事で、さまざまな眼瞼痙攣の治療法を解説します。

眼瞼痙攣の治療は、まず原因を確認し、段階的に行われます。個別の原因が見つからない原発性の場合を含め、その治療は痙攣自体を抑える治療法が選ばれます。

疲れやストレスが原因のときは休養が第一

眼瞼の痙攣の治療では、まず十分な休養をとり、それでも痙攣が残るかを確認します。疲れやドライアイなどのストレスがたまり、起きている微細な痙攣は眼瞼波動症(ミオキミア)であって、本当の眼瞼痙攣ではありません。な検査を試みても、異常は見つかりません。その場合には、十分な休養をとりストレスを軽減すれば、瞼の痙攣は間もなく消失するでしょう。

休んでも痙攣が続く場合は、薬剤での治療も

休養をとっても痙攣が続く場合には、本格的な治療が必要です。実際には眼瞼痙攣自体を抑える内服薬もここで用いられることがありますが、ボトックス注射による治療を優先する場合もあります。

内服薬は、脳の働きを抑え、眼瞼痙攣自体も抑えるので、症状の改善は得られやすいのですが、薬剤依存性の発生など副作用の恐れが大きいです。

また、神経系に作用する薬の服用が眼瞼痙攣の原因となっている場合があるように、これらの薬は長期的には眼瞼痙攣を重症化させる恐れが大きいのです。薬剤性の眼瞼痙攣では向精神薬の減量を担当医に相談しましょう。

局所注射で痙攣を押さえる「ボツリヌス療法」

ボツリヌス毒素を局所注射すると、神経の興奮が筋肉に伝わらなくなります。ボツリヌス毒素はもともと、ボツリヌス菌という細菌が作る毒素ですが、その毒素を薄めて使用することで注射部位の筋肉収縮を抑えることが出来るのです。

ボツリヌス毒素を眼瞼の皮膚の中にある筋に注射することで、その作用が抑制され、眼瞼痙攣の治療ができます。ただし、その効果の持続は数か月であって、痙攣が再発する場合には繰り返しこの治療を受ける必要があります。

手術による治療

眼の痙攣の原因が顔面神経に対する動脈の圧迫であると確定できる片側顔面痙攣の場合で、しかもボトックスによる繰り返しの治療よりも手術を選びたいという場合には、血管の圧迫を避けるための脳外科手術もあります。

また、眼瞼の痙攣自体を止める手術として、眼の周りの皮膚を筋肉ごと切除するという手術もあります。特に重傷で、どうしても瞼を開けられないような症例では 最終的な治療としてこの手術を行う場合があります。

詳しくは『まぶたの痙攣(眼瞼痙攣)の手術法とは』をご覧ください。

どの治療法が適切かは、原因よっても変わるため、医師に相談するときは、適切に症状を伝えることが重要です。