スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

足底筋膜炎も引き起こす足裏アーチの崩れとは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/23

足底筋膜炎の基礎知識

足裏アーチは人間の歩行機能を支えるうえで、重要な働きをしています。しかし、強い荷重が加わることで足裏アーチが崩れ、歩行に支障をきたすほどの痛みが出ることがあります。足裏アーチとは、崩れの原因となるものとは何か、ドクター監修の記事で解説します。

足に加わる荷重を分散する働きをする足裏アーチとは何か、足裏アーチが崩れとはどういうことなのか、見ていきましょう。

足裏アーチとは

足の裏を触るとわかりますが、足裏は平面ではなく凹凸のある立体的な曲線を描いたアーチ構造になっています。具体的には、タテ方向に2つの「外側弓」と「内側弓」、ヨコ方向に「横足弓」という3つの足裏アーチがあります。

これらのタテとヨコの足裏アーチは、足が地面に接地して荷重が加わった時に、足やひざ関節などへの負担を軽減する、クッションのような役割を担っています。

この足裏アーチを弓のようにピンと張って支えているのが足底筋膜で、この足底筋膜に炎症が起きた状態を足底筋膜炎と言います。足裏のかかとの前側が痛くなったり、土踏まずがつったりするような痛みが出るのが特徴です。

足底筋膜と足裏アーチの関係

足底筋膜には、足裏アーチを支えることのほかに、足を背屈させると足底筋膜が巻き上げられ、これが前に進むためにバネのような役割をすることで、スムーズな踏み返し動作を促すなどの働きもします。

足裏アーチが崩れた足は、このようなクッションやバネの役割が失われることで、足の裏に痛みが出たり、歩きにくかったりといった症状をともなうようになります。

このように足裏アーチと足底筋膜は、歩くことにおいて重要な機能を持っています。足裏が痛いと悩んでいたら、我慢せずに専門医の診察を受けることが大切です。

足裏アーチの崩れの原因となるものは

足裏アーチが崩れる原因としては、強い荷重が加わることで足裏アーチが崩れるという原因のほかに、さまざまなものがありますが、加齢も一つの原因としてあげられます。足裏アーチを支える足底筋膜がもろくなり、細かい断裂が入りやすい状態になってしまう事があるのです。

また、自分に合わない靴を履くのも、足裏アーチの崩れを招く原因となります。足裏アーチに無理な荷重がかかることにより、足底筋膜へのダメージを増やしてしまうからです。

この他に、肥満により体重を足裏で支えるのに負荷がかかっている方、ジャンプを何回もするような運動を行っている人なども気をつけなければいけません。また、歩行時の姿勢によっても足底筋膜炎を悪化させてしまうので、足裏アーチに問題を抱えている人は注意しましょう。