スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

足底筋膜炎を引き起こす原因とは

更新日:2018/06/05 公開日:2016/05/23

足底筋膜炎の基礎知識

足の負担は足底筋膜炎を起こす原因になります。足への負担を軽減するためには、さまざまな工夫が必要です。ドクター監修のもと、足底筋膜炎の原因と予防方法と改善方法についての正しい知識をご紹介します。

足底筋膜炎の正しい原因を理解することは、足底筋膜炎の予防に役立ちます。足底筋膜炎を発症する危険因子について見ていきましょう。

足底筋膜炎の原因

足底筋膜とは、足の裏のクッションの役割をしている「アーチ構造」を支える線維が集まった膜のことです。この膜に長い時間くり返し強い負荷がかかったり、加齢によって足底筋膜が弱くなると、細かい断裂が多数発生します。これにより炎症が起こり「足底筋膜炎」を発症します。

詳しくは、『足底筋膜炎も引き起こす足裏アーチの崩れとは』の記事も参考にしてください。

足底筋膜炎の危険因子となるもの

足底筋膜炎が起こりやすくなる原因として、以下があげられます。

足首の関節の固さ

足首の関節の動きが柔らかいと、運動時に関節周囲の筋肉と連動してクッションの役割をしてくれるので、運動時の足底筋膜への負荷が少なくなります。たとえば、ジャンプ後の着地、長距離の歩行、マラソンなどを行っても、足に大きなダメージがかかりにくくなります。運動前に足首のストレッチし、関節の動きを柔らかくすることが重要です。

立ち仕事

ずっと立ち続けているときは足底筋膜が常に緊張しているため、足底筋膜に断裂が発生しやすくなります。つまり、立ち仕事も足底筋膜炎の危険因子になる可能性があるということです。また、履いている靴が足に合わないと、さらに大きな荷重が足底筋膜に加わってしまいます。立ち仕事の人は自分に足に合った靴を選ぶようにしましょう。

運動時の環境

硬い床の上を長時間走り続けると、かなり高い確率で足底筋膜炎になります。靴のソールの素材やインソールを運動場の環境に合わせて変えることで、運動時の足底筋膜への負荷が軽くなる可能性があります。足底筋膜炎を悪化させないためにも、運動時の環境には気をつかいましょう。

体重増加

体重が増えることで、より大きな負荷が足底筋膜に加わります。短期間で急激に体重が増えると、体を支える筋肉が追いつかず足底筋膜炎を起こす要因となります。

足底筋膜炎の応急処置と治療

足底筋膜炎になってしまった場合は、できる限り安静に過ごすことが重要です。

また、何度もくり返す足底筋膜炎については、病院などで治療が必要な可能性があります。長い間足の裏の痛みに悩んでいるという人は、一度病院を受診しましょう。

足底筋膜炎の治療については『足底筋膜炎の治療(湿布・装具・衝撃波・手術)』で詳しく解説しています。