スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

扁平足の方は特に注意したい足底筋膜炎

更新日:2018/06/05 公開日:2016/05/23

足底筋膜炎の基礎知識

足底筋膜炎の原因には、扁平足(へんぺいそく)によって引き起こされることもあります。扁平足の方は足に無理な荷重が加わりやすくなり、二次的な障害を起こすことも多いのです。ドクター監修の記事で解説します。

扁平足(へんぺいそく)は健康な足と比べて足に余計な負担がかかってしまいます。扁平足の正しい予防法や対処法にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

扁平足とは

扁平足とは、加齢による足底筋膜へのダメージや、長期にわたる立ち仕事を行うことで、足の裏の土踏まずがなくなった状態のことを言います。生まれながらに扁平足の人もいますが、中年以降に発生する扁平足は年齢による腱の変性や体重の負荷によって腱が断裂してしまい、アーチが低くなることに起因しています。

長時間の運動に負担を感じる場合には、扁平足を疑い、一度足の状態を把握してみるといいかもしれません。

扁平足の方が注意したい足底筋膜炎

扁平足の方は足のアーチ構造が失われているので、足にかかる負荷をやわらげるクッションとしての機能が低下しています。このため足に過度な負荷が加わり続けると足底筋膜にもダメージが蓄積してしまい、細かい足底筋膜の断裂の増加や足裏アーチの崩壊、ひいては足底筋膜炎の原因となることもあります。

扁平足の方の場合、足への負荷が常に加わり続けているので、さらなる足底筋膜炎にならないような予防が非常に重要です。

成人期扁平足について

生まれながらにして偏平足の方もいますが、成人になってから発症する成人期偏平足の方もいます。成人期偏平足は、徐々に足の扁平化が進んでいくため、初期の段階で気づくことが難しいです。そのため、足が疲れやすくなったり、痛みだしたり、歩き方に変化が見られたときに病院で診断されるケースが多くなります。

成人期扁平足の予防法

成人期偏平足の予防としては、まず現在の生活の中で足への負担になっていないかを見直して改善していく必要があります。たとえば、以下の方法があげられます。

  • 立ち仕事や歩行、スポーツを行う際などは適宜足を休める
  • 足に合わない靴やヒールの高い靴を履くことをなるべく避ける
  • 足の筋力を保つための適度な運動を行うこと
  • 肥満の方などはダイエットをして適正体重を維持する

成人期扁平足は中年以降の女性に多いので注意

成人期扁平足は、中年以降の女性に起こりやすい症状です。すでに足が疲れやすかったり、痛みが気になったり、違和感をおぼえている場合は、整形外科で検査を受けるようにしましょう。偏平足の治療は、手術を行わない保存療法がほとんどですが、重症の場合は手術を行うこともあるので、放っておかずに医師による診断と治療を受けることが重要です。

今すぐ読みたい