スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

子供のADHDの治療法

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/20

ADHDの子供へのケア

医療機関でADHDと診断されると治療が始まりますが、ADHDは治療すれば治るものなのでしょうか。また、治療法にはどういったものがあるのでしょう。子供のADHDの治療法や治療の流れについて、ドクター監修の記事にて詳しくお伝えします。

子供のADHDにはどのような治療法があるのか、以下で見てみましょう。

ADHDの治療の目標

ADHDは生まれ持った脳の機能障害によって生活に支障がでる発達障害のひとつであり、治療すれば治るといったものではありません。では、治療はどのようなことを目標にするのでしょうか。

ADHDでは、不注意(集中力がない)、多動性(落ち着きがいない)、衝動性(考える前に行動してしまい周囲とトラブルを起こしやすい)という3つの症状により、集団の中で孤立したり、問題児と見られたりしがちです。親や先生から注意されることも多く、また、勉強も遅れがちで、劣等感に苛まれ、情緒不安定になって反抗的な行動をとることも少なくありません。このような悪循環が続くと、状況はますます悪化し、本人はもちろん、周りの人もつらい思いをします。

ADHDの治療は、ADHDの症状をなくすことが目標ではありません。治療の目標は症状の緩和で学校や家庭で子供が困難に感じることが少なくなることです。悪循環を断ち切ることがで、多少の症状があっても自分の特性として上手くつき合っていけるようにします。

ADHDの治療法

ADHDの治療には、心理・社会的治療と薬物療法とがあります。

心理・社会的治療

  • 子供の周りの環境を整える「環境調整」
  • 保護者が、子供の行動パターンや心理を理解し、問題行動に対して適切に対処できるように学ぶ「ペアレント・トレーニング」
  • 子供自身が適切な行動ができるようにスキルを身につける「ソーシャルスキル・トレーニング」

などの治療(支援)を行います。

ソーシャルスキル・トレーニングについて詳しくは、『ADHDの心理・社会的治療ソーシャルスキル・トレーニングとは』をご覧ください。

薬物治療

ADHDは脳内の神経伝達物質「ドパミン」「ノルアドレナリン」の不足が発症に関与しているのではないかと考えられています。そのため、ADHDの諸症状を改善することを目的として、「ドパミン」や「ノルアドレナリン」を増やすADHD治療薬を用います。

詳しくは、『ADHDの治療に用いられる薬とは 』をご覧ください。

治療の流れ

問診や検査などの結果から診断が行われ、ADHDと診断されたら、まずは心理・社会的治療を行います。その中で、子供自身が自分の特性を理解し、少しずつ症状をコントロールして困難な状況を改善していけることを目指します。

そのうえで、必要があればADHD治療薬も組み合わせます。ある程度、状況が改善し、その状態が十分な期間維持できたら、今後の薬物治療の必要性を検討します。治療薬を服用している場合は、長い休みなどを利用して一時中断して様子を見て、特に問題がないようなら薬物による治療は終了となります。

ただし、薬物治療が終わっても経過観察のための通院は続け、なんらかの原因で再び状態が悪くなるようであれば、薬による治療を再開することもあります。

治療するうえで重要なこととは

ADHDの治療はすぐに効果が現れるものではありません。そのため、小さなことでも、できたことを子供と一緒に喜んで達成感を味わいながら、子供が少しずつ困難を乗り越え、自信を持てるように長いスパンで取り組みましょう。

また、医療スタッフだけでなく、担任教師や学校に特別支援教育コーディネーターがいる場合はそれらの人たちともうまく連携を取りながら進めることが大切です。

以上のように適切に治療を行い、ADHDとうまく折り合いをつけることができると、より充実した生活を送れるようになるでしょう。