スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

高齢者に多く発症する「老人性白斑」とは?

更新日:2018/01/30 公開日:2016/06/14

  • この記事の監修ドクター

    この記事の監修ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

主に高齢者の皮膚に小さな白斑が複数発症する「老人性白斑」。どのような原因で起き、どのような特徴があるのでしょうか。

加齢によって起こる「老人性白斑」

白斑とは、全身の皮膚に白い斑点を生じる皮膚の疾患ですが、老人性白斑は、中高年以降に多く発症し、50代では70%程度の人に起きるともいわれています。このように加齢に伴って発症する白斑を「老人性白斑」と呼びます。

子供から成人まで発症するといわれる一般的な「白斑」については、根本的な原因がいまだ明らかになっていません。しかし、この老人性白斑については、老化や紫外線が原因であることがわかっています。

老人性白斑の特徴

老人性白斑は、先にも紹介した通り、50代以降に発症する患者さんが増えますが、中には30代で起こるケースもあり、女性より男性に多く生じるといわれています。

老人性白斑の症状は、手足や背中、腹部など全身の皮膚に、数ミリ程度の白い斑点が散らばるように生じるのが特徴です。斑点の数は、数個から十数個と人それぞれで、色についても完全に色素が抜けないケースがあるなど、白斑部の白さの程度にも個人差があります。

また、老人性白斑の場合、白い斑点が他の部位に広がることはなく、拡大したり別の病気を発症したりすることもありません。痛みやかゆみも特に起きることはないといわれています。

老人性白斑に有効な治療法は?

老人性白斑の治療法は、いまだに確立していません。特に痛みやかゆみなどの症状が現れるわけではないため、気にならないようであれば治療を施す必要はありません。治療を行う場合は、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏、紫外線照射などの方法を試すことがあります。ただし、その有効性は症状の程度や個人差もあることから、保証できないのが現状です。

カモフラージュメイクによって隠す方法も

白斑ができる部位によっては、見た目が気になるという方も多く、その点から生活の質(QOL:Quality of Life)が下がってしまうことがあります。そのような場合に、白斑をメイクでカバーしたり、白斑と正常な皮膚の境目をメイクで馴染ませ、目立たないようにしたりする「カモフラージュメイク」を施す方法が行われることもあります。このメイクによって気持ちを明るく保てる患者さんは多いものの、治療ではないため保険適応はなされません。

カテゴリー