スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

まぶたに原因がある逆さまつげ「眼瞼内反症」とは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/06/16

逆さまつげの基礎知識

逆さまつげの原因の一つである、眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)は、まぶたの皮膚が目の内側にめくれていることで、まつげが眼球を傷つけてしまう症状です。ここでは、眼瞼内反の主な原因である先天性の眼瞼内反症と、加齢性の眼瞼内反症について解説します。

逆さまつげの原因の一つである、「眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)」について見ていきましょう。

眼瞼内反症とは(がんけんないはんしょう)

眼瞼内反症とは、睫毛内反症(しょうもうないはんしょう)ともいい、逆さまつげになる原因の一つです。まぶたの縁が内側にまくれ込んでしまうことによって、まつげが眼の角膜などを傷つけてしまいます。この眼瞼内反症は、先天的に起きるものと、加齢によって起きるものがあり、それぞれ治療方法が異なります。

先天性眼瞼内反症の症状・治療法

先天性眼瞼内反症は、生まれつきのまぶたの形状が影響します。まぶたの内側の皮膚に厚みがあったり、皮下脂肪が過剰だったりする場合に起こりやすく、特にまぶたの厚い乳幼児に症状が多く見られます。主に目がゴロゴロする、まぶしい、目が痛い、目やにがでる、涙目になるなどの症状があります。もし角膜への刺激が強く、角膜に多くの傷がついてしまうと、視力が低下することもあります。

たいていの場合、成長するうちにまぶたや目の周りの皮膚の形が変化するため、自然に治っていきます。しかし、いつまでも改善せず、症状が強い場合は手術を検討するケースもあります。

治療法についての詳細は、『逆さまつげの治療法にはどんなものがあるの?』『逆さまつげの手術法にはどんなものがあるの?』をご覧ください。

老人性眼瞼内反症の症状・治療法

加齢とともに起きる老人性眼瞼内反症は、まぶたの皮膚がたるみ、眼輪筋が衰えることで、まつげが眼球のほうへ向いてしまい、眼球を傷つけやすくなることで生じます。症状は先天性眼瞼内反症とあまり変わりませんが、治療法は少し異なります。

老人性眼瞼内反症は、定期的にまつげを抜く治療で経過を見る場合もあります。しかし、まつげはすぐ再生してしまうため、症状が再発するケースも多く症状の程度によっては手術を行います。

治療法についての詳細は、『逆さまつげの治療法にはどんなものがあるの?』『逆さまつげの手術法にはどんなものがあるの?』をご覧ください。

関連Q&A