スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

早期に強い症状が起こる急性尿道炎とは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/06/24

尿道炎の基礎知識

急性尿道炎ではどのような症状がでるのでしょうか。ここでは、急性尿道炎の特徴や主な症状、治療についてご紹介いたします。

急性尿道炎になると、排尿痛などの強い症状が現れます。急性尿道炎を引き起こす原因や具体的な症状、治療法などをまとめて解説します。

感染から早期に症状が現れる急性尿道炎

急性尿道炎は、原因となる細菌に感染してから早期に症状が現れる尿道炎です。尿道炎は、尿道が長く感染を起こしやすい男性に診断されるもので、尿道に細菌が感染することにより炎症が起き、さまざまな症状が現れます。

急性尿道炎は主に淋菌感染で起こる

急性尿道炎の主な原因は淋菌です。淋菌は尿道炎の原因菌でもっとも多いもので、尿道炎全体の4割は淋菌による淋菌性尿道炎です。

淋菌の感染経路としては、性交渉がほとんどです。オーラルセックスでも感染することがあり、これは、相手ののどに存在していた淋菌が尿道に感染すると考えられます。

淋菌は感染してからの潜伏期間が短く、感染後1週間以内に急性尿道炎を引き起こします。

急性尿道炎で見られる症状

急性尿道炎の場合、尿道からの膿(うみ)や、強い排尿痛などの症状が見られます。状態によっては尿に血がまじることもあります。

尿道から出る膿は白や黄色、薄緑色をしており、粘り気があります。また、尿道の出口部分が腫れたり赤くなったりすることもあります。

尿道に感染した淋菌が、前立腺、精嚢腺、精巣上体炎と順にさかのぼっていき、前立腺炎や精巣上体炎を引き起こすこともあり、男性不妊の原因となることもあります。

急性尿道炎の治療について

急性尿道炎は自然に治癒を期待することは難しいため、疑われる症状がある場合にはすみやかに泌尿器科を受診することが大切です。

急性尿道炎では、アジスロマイシン、クラリスロマイシン、ミノサイクリン、ドキシサイクリンなどの抗菌薬での治療が基本となります。特定の薬に耐性を持つ菌も増えており、医師の指示通りに飲み切っても症状が改善しない場合もあります。このようなケースでは、薬を変えて様子を見る必要がありますが、まずは指示通りに薬を飲み切ることが大切です。薬の飲み忘れや自己判断による中断は、耐性菌を増やすことにもつながってしまいます。

また、淋菌によって急性尿道炎が起きた場合、パートナーも淋菌に感染している可能性が高くなります。パートナーが治療を受けないと、自分が治癒したとしても、再度パートナーを通じて感染してしまうでしょう。このように、お互いにうつしたりうつされたりをくりかえすことをピンポン感染と言います。ピンポン感染を防ぐためにも、パートナーと一緒に治療を進めることが大切です。