スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

こむら返りに対する漢方薬

更新日:2016/12/09 公開日:2016/06/20

足がつる・こむら返りの予防・治し方

多くの人が経験したことのある「こむら返り」。頻繁に起こるようなら、運動不足の改善だけではなく、治療が必要になります。対象者の既往症に合わせた漢方薬での治療を、漢方専門医の監修で解説します。

運動中や睡眠中、急に起こってびっくりする「こむら返り」。脚を伸ばす以外に、効果的な治療方法はあるのでしょうか。あまり知られていませんが、漢方薬を使う治療法もあります。

こむら返りとは?

「こむら」とはふくらはぎのことを指し、ふくらはぎが「つる」症状のこと「こむら返り」と呼びます。専門的には、「腓腹筋痙攣(ひふくきんけいれん)」という名称がついています。

こむら返りは、特定の年代や性別に起こるものではありませんが、糖尿病や肝硬変などの慢性肝疾患がある人には起こりやすいといわれています。

また、高血圧を治療する降圧薬(β遮断薬、Ca拮抗薬)、高脂血症の治療薬であるHMG-CoA還元酵素阻害薬やフィブラート系薬剤を服用していると、こむら返りの原因となることがあります。

こむら返りの予防法

こむら返りを起こりにくくするために、日常的ストレッチやウォーキングなどで運動不足を解消し、筋力低下を予防する工夫が考えられます。

「鉄欠乏症の改善」や「血流改善」も大切ですので、運動とともに食生活にも気をつけましょう。鉄分やカルシウムやマグネシウムなどのミネラルの摂取は予防に欠かせません。疲労回復を助け、血行を促すビタミンB群の摂取も大切です。

こむら返りの漢方薬

慢性的な病気を持つ人には、これらの予防法とともに、漢方薬が効果的な場合があります。

こむら返りを東洋医学で解釈すると、筋の引きつりの状態は「肝」の病態で、痛みは不通則痛(ふつうそくつう:筋への血の流れが何かによって邪魔され、痛みが起こること)、または、不栄則痛(ふえいそくつう:筋へ血の不足のため痛みが起こること)と考えられています。

このような肝血の不足になる「肝血虚」(かんけっきょ)がこむら返りの病態とすると、血行不良を改善していく漢方薬をまず選ぶとよいでしょう。

おすすめは、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)などで、信頼性の高い二重盲検比較試験で、その有効性が証明されています。

有効性の高い漢方薬について、効用や適している人のタイプなどの特徴を紹介します。

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

体力の有無に関係なく、頓服的に使用します。筋肉に、差し込むような急激な痛みが起こったときに使用します。

けいれんして硬くなった内臓の平滑筋や手足の骨格筋の緊張を緩めて、痛みを軽減します。即効性に優れ、服用後10~15分で効果が現れます。

痛みを緩和する作用のある芍薬と甘草で構成されています。他剤に比べて甘草の含有量が多いため、むくみや血圧上昇などの副作用には注意する必要があります。

疎経活血湯(そけいかっけつとう)

皮膚の乾燥感をともなうこむら返りに有効とされています。体力のない人、たとえば血分不足が基礎にある高齢者は特に、関節痛や神経痛、筋肉痛などを緩和するのに適しています。

血分不足(具体的には貧血や爪がもろくなる、冷えなど)を改善する四物湯(しもつとう)を基本としています。

柴苓湯(さいれいとう)

急性や慢性の下痢で、体力は普通の、口渇、尿量減少、食欲不振、胸脇苦満(きょうきょうくまん:胸から脇にかけて重苦しく張っているような状態)などの基礎疾患のある人に使用します。

小柴胡湯(しょうさいことう)と五苓散(ごれいさん)を合わせたもので、水分代謝異常をともなう免疫系疾患やステロイド剤の副作用軽減などを目的に、広く使われています。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

体力は普通か虚弱な人に使用します。加齢にともなう冷えや血管の老化に使用し、特に高齢者のこむら返りに効果があります。

胃腸機能を回復し、腰部および下肢の脱力感、冷え、しびれ、頻尿などの症状を緩和します。

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

しびれや痛み、尿量減少やむくみが強く、胃腸機能が正常な場合に使用します。腎の機能を高める性質があり、特に高齢者への効果が期待できます。

八味地黄丸に利尿作用のある牛膝(ごしつ)と車前子(しゃぜんし)という生薬を加えています。

こむら返りになる背景には、鉄欠乏症やビタミンB群やカルシウム、マグネシウム、カリウムなどの栄養素の不足があるケースが多いので、医師のもとで血液検査を行い、栄養状態は改善しておきましょう。

漢方薬は名前が難しく、とっつきにくい印象もありますが、一人ひとりの体質にあわせて処方される、古くからの薬です。「こむら返り」というポピュラーな症状だからと放置せず、治まらないときは、医師のもとで自分に適した漢方薬を使うのも賢い選択と言えるでしょう。