スキンケア大学 メンズスキンケア大学

かかとの角質が硬くなったときの対処法

更新日:2017/05/11 公開日:2016/07/27

  • この記事の監修ドクター

    この記事の監修ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

硬くなったかかとの角質の対処法といえば、「削る」「磨く」「はがす」という3つの方法が代表的ですが、どの方法も正しく行わないと、かえって逆効果になることがあります。そこで、今回は、それぞれのケア方法の特徴と注意点などをご紹介していきます。

フットケア(1)削ってフットケア

削るフットケアでは、角質用のやすりなどを使います。

このケア方法は、お手入れしたその場で、すぐに効果を実感しやすい事が魅力です。また、一度やすりを購入すれば、くり返し何度か使えるので、コストパフォーマンスがいい方法とも言えます。ただし、削り過ぎて皮膚を傷つけたり、防御反応でかえって角質化が進行したりすることがあるので、やり過ぎないように注意する必要があります。

角質用のやすりには、さまざまなものがありますが、削る部分に粗い面と細かい面があるタイプがおすすめです。

ケアの際の注意点

  • 濡れたままの足に使うと、削りすぎてしまう可能性があります。お風呂などに入って皮膚をやわらかくしたあと、肌を乾燥させてから使いましょう。
  • 削るときは、力を入れ過ぎず、やすりを一定方向に動かすようにしましょう(往復させるのはNGです)。
  • やすりで削った後の肌は、とてもデリケートな状態なので、クリームでしっかり保湿し、靴下を履くようにしましょう。
  • あまり頻繁に削り過ぎると、逆効果になる可能性があります。パッケージや取扱説明をよく確認し、使用頻度を守るようにしましょう。

フットケア(2)磨いてフットケア

「磨く」フットケアでは、スクラブ入りのクリームなどを使います。このケア方法は、比較的に肌にやさしいところが魅力です。しかし、お手入れの後の変化は穏やかなので、すでにガチガチになってしまったかかとへの対処法というよりも、そうなる前のお手入れとして日常的にとり入れることで、かかとを少しずつなめらかにしていく方が向いています。

スクラブ入りのクリームには、さまざまなものがありますが、顔用のものは、スクラブの粒子が小さいため、かかとには、あまり効果が期待できません。フットケアに使うなら、粒子が大きいかかとやひじ・ひざ用のものがおすすめです。

ケアの際の注意点

  • スクラブ入りのクリームを肌に強くこすりつけると、肌を傷つける原因になります。指の腹や手のひらで円を描くように、やさしくマッサージをするようにしましょう。
  • お手入れしたあとは、必ず保湿ケアをしましょう。
  • あまり頻繁に使い過ぎると、逆効果になる可能性があります。パッケージや取扱説明書をよく確認し、使用頻度を守ることが大切です。

フットケア(3)はがしてフットケア

「はがす」フットケアでは、角質をはがれやすくする専用の薬剤(ジェルやローションなど)に、足裏を数分浸します。すると数日経った頃に、歩行など日常生活の中で起こる摩擦で、角質が自然にはがれ落ちるようになり、2~3週間もすれば、足裏全体の古い角質がきれいにはがれ落ちるとされています。

このケア方法は、薬剤に足を浸すだけでいいので、手間がかからないのが魅力です。しかし、古い角質が完全にはがれるまでに日数がかかり、その間は、中途半端に角質がめくれた状態になるので、足裏の見た目があまりよくありません。また、人によっては、薬剤が肌に合わないことがあります。

ケアの際の注意点

  • 使用する前に、必ずパッチテストを行いましょう。
  • 古い角質が完全にはがれきるまでは、保湿ケアは控えましょう。どうしても乾燥、つっぱりが気になるようなら、アルコールフリー・オイルフリーなどの低刺激の化粧水で、保湿ケアをするとよいでしょう。
  • 角質がはがれていく期間は、素足でいると角質が散らばってしまうので、エチケットとして靴下を履くようにしましょう。
  • 角質が完全にはがれきったら、しっかりと保湿ケアをすることが大切です。

以上が、かかとの角質が固くなった時の主な対処法です。市販の製品でケアをするときは、その製品の取扱説明書にしたがって利用しましょう。

カテゴリー