スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

坐骨神経痛の治療で用いられる薬について

更新日:2017/03/15 公開日:2016/07/28

坐骨神経痛の治療法

坐骨神経痛の治療に使われる薬には、どのようなものがあるのでしょうか。坐骨神経痛の薬をタイプ別に紹介します。また、副作用や治療薬の取り扱いなどについても、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

坐骨神経痛の治療薬は、症状によってさまざまなタイプに分かれています。薬の種類やその副作用、治療薬の取り扱いなどについて紹介します。

坐骨神経痛の症状はなぜ起こるのか

腰部から足先までにわたる坐骨神経領域に、痛みやしびれが起こることを「坐骨神経痛」と言います。痛みやしびれがどの部位にどのように出るかは、人によって違ってきます。症状の強さや楽になる姿勢や時間帯などもまちまちで、根本的な改善のためには、症状を引き起こす原因をつきとめる必要があるのです。

坐骨神経痛の原因として、腰椎の椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)・梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)・神経や骨盤の腫瘍・糖尿病・帯状疱疹などがあげられます。症状や原因に応じて適した薬が処方されるので、下記で説明していきしょう。

坐骨神経痛の原因については『坐骨神経痛の原因とは』の記事を参照ください。

坐骨神経痛の治療に使われる薬とは

残念ながら、坐骨神経痛の特効薬とされるものはありません。痛みやしびれを軽減させるといった症状をやわらげる方法「対症療法」の治療薬が使われるのが一般的です。

痛みなどの症状を緩和するもの、筋肉の緊張を緩和するもの、合併症を防ぐものなど、さまざまな目的の薬があります。代表的な薬は下記のとおりです。

痛みやしびれなどの症状を緩和するもの

消炎鎮痛剤は、痛みや炎症、しびれをやわらげる薬です。経口剤・外用剤があり、双方を併用する場合もあります。最近では、副作用の少ないとされる、非ステロイド性鎮痛剤(NSAIDs)が用いられることが多いようです。

ただし、長期間にわたって服用することで、胃痛や下痢、発疹、かぶれなど副作用が起こることもあります。また、空腹時に飲むと胃痛を起こしやすいので、食後か薬を飲む前に少し牛乳を飲んで胃粘膜を保護するといった方法もあります。また、外用薬を長時間貼っていると、かぶれやかゆみなどの原因にもつながります。

筋肉の緊張を緩和するもの

筋弛緩剤は、筋肉の緊張をやわらげることで坐骨神経への圧迫を軽減するために使われます。筋肉の緊張がほぐれることで血流改善効果も期待でき、痛みも軽減するとされています。消炎鎮痛剤と合わせて使用されることが多いです。ただし、副作用として発疹、昼間の眠気、吐き気などが起こることもあります。

血流を改善するもの

末梢血管拡張薬は、血管を広げ、血流を改善させることで痛みやしびれをやわらげる薬です。プロレナール、オパルモンなど、プロスタグランジン(体の中にある痛みの原因物質となるホルモンの一種)誘導体の医薬品があります。副作用として下痢や吐き気、頭痛、ほてり、かゆみ、発疹を感じる人もいます。

さらに、経口剤や外用剤でおさまらないほど痛む場合には注射剤を使用することもあります。神経管の中に局所麻酔を直接注射する「神経ブロック療法」にも使われます。

治療薬の取り扱いについて

上記で説明したとおり、どの治療薬にも副作用が存在します。胃痛や下痢、発疹、吐き気、頭痛など、それぞれの治療薬によって副作用も違うので、各項目を確認してください。副作用が現れたら、すみやかに医師に報告しましょう。

また、少し症状がよくなったからといって勝手に薬をやめたり、強い痛みを我慢できないからと多く飲みすぎたりしてはいけません。用法用量を守り、決められた通りに処方してください。

前述したように、薬では坐骨神経痛の原因まで治すことはできません。生活習慣を改めたり、予防・改善に効果的なストレッチをしたり、正しい姿勢を身につけるなど、坐骨神経痛を改善しやすい体作りも同時に行うようにしましょう。