スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

疼痛とはどんな痛みなのか

更新日:2016/12/09 公開日:2016/07/28

疼痛の基礎知識

疼痛(とうつう)とは「痛み」のことです。疼痛には、身体を守るために必要な急性疼痛と、病気に発展するために注意すべき慢性疼痛があります。疼痛という症状ついて、専門ドクター監修のもとで、詳しく解説します。

疼痛(とうつう)というと、何のことかわからない人もいるかと思いますが、基本的には「痛み」を意味します。しかし、痛みといっても、さまざまなものがありますよね。疼痛に含まれる痛みにはどのようなものがあるのでしょうか。また、疼痛には急性疼痛と慢性疼痛があります。これらの特徴についても、あわせて解説していきます。

疼痛について

疼痛とは、痛みのことです。痛みには、切り傷ややけど、打撲などがありますが、そのほかにも身体が傷ついて感じる痛み、外傷はなくても内部から感じる痛みといった多くの症状が挙げられます。さらに、単純な痛みではなく、身体のしびれや皮膚が突っ張る感覚など、不快感がある状態も疼痛になります。

疼痛には急性と慢性がある

痛みには部位や原因、症状の度合いなど、さまざまなものが挙げられます。その中で、疼痛には、痛みの持続時間によって急性と慢性に分類することができます。

急性疼痛

骨折や捻挫、やけどなどのほか、突然発症した病気によって、急激に起こる痛みのことを急性疼痛といいます。急性疼痛は、身体を守るために必要なものです。なぜなら、人間は急激な痛みを感じることで、病気やケガをした部分を意識して安静にしよう(治そう)と考えるからです。症状の重症化を防ぐ意味でも、急性疼痛は身体にとって重要な役割を果たしています。

急性疼痛について、詳しくは『疼痛の種類(1)』急性疼痛とはをご覧ください。

慢性疼痛

急性疼痛の原因である病気やケガの治療を行っても、痛みが何ヵ月も続いたり、症状が進行したりする場合は慢性疼痛となります。慢性疼痛は身体を守ってくれるような働きはなく、痛みそのものが病気となる注意すべき症状です。

慢性疼痛には、炎症や関節・骨の変形などが生じて起こる侵害受容性疼痛と、神経の損傷によって起こる神経障害疼痛、ストレスなど精神的苦痛が原因で起こる心因性疼痛があります。

慢性疼痛について、詳しくは『疼痛の種類(2)慢性疼痛とは』をご覧ください。

疼痛について、ご理解いただけたでしょうか。さまざまな痛みが含まれていますが、中には病気につながる痛みもあるため、そのような場合はしっかり医療機関で適切な治療を受けてください。かすり傷でも、きちんと治す意識を持ち、自身の身体を大切にしましょう。