スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

業務用ドライヤーと市販品の違い!髪型の仕上がりは?

更新日:2017/12/26 公開日:2016/07/26

美容院に行ったとき、スタイリストが髪を乾かすとき、ブローをするときに使用するのが業務用のドライヤー。これは、普段私たちが自宅で使用している一般用のものとどんな違いがあるのでしょうか。

業務用ドライヤーと市販品との違い

業務用ドライヤーの代表的な特徴は、風量の強さと温度の高さです。早く乾かすことに特化して作られているため、機能面においてシンプルなものが多いと言えます。また、業務用ドライヤーは頻繁に使用するので、長期間使うために握りやすいグリップになっていたり、モーターやスイッチ、ヒーターなどの耐久力が高いという特徴もあります。

業務用で美容師のように仕上げられる?

ちなみに、業務用ドライヤーを使えば、自分でもヘアサロンでやってもらうような仕上がりにできるわけではありません。ヘアサロンで美しくしてもらえるのは、ドライヤーの性能というよりもスタイリストのブローの「技術」によるものが大きいのです。また、ヘアアイロンなどは市販品より高温になることが多いので、使い方を間違うと髪にダメージを与えてしまうので注意が必要です。

つまり、業務用を使いこなす技術がなければ、高価な業務用ドライヤーを手に入れても逆効果になる可能性が出てきてしまうのです。

市販のドライヤーで使いやすいものがおすすめ

市販品のドライヤーには、プロではない一般の人が使いやすい工夫がされています。現在は、髪へのダメージを抑える機能や使いやすさにこだわった機能を搭載しているものも数多く登場しています。一般の方の場合は、やはり市販品のドライヤーの機能を把握して、自分に合ったものを見つけることが大切です。もし、どうしても業務用ドライヤーを入手したい場合は、ヘアサロンに問い合わせてみるとよいでしょう。

カテゴリー