スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

綺麗なカールが長持ち!マジックカーラーの巻き方のコツ

更新日:2017/12/25 公開日:2016/07/26

カーラーの巻き方のポイントをつかんで、しっかりとカールをつけましょう。

カーラーとは

カーラーは髪を巻くために使われるチューブ状のアイテムです。大きさはさまざまですが、直径20~40mmのものが一般的によく使われています。

巻く方向や、やけどの心配に注意するヘアアイロンなどに比べると、カーラーは初心者でも扱いやすく、ナチュラルなカールをつくるのに適しています。

カーラーの種類と特徴

カーラーを巻いてドライヤーで熱を加えると髪内部の水素結合がきれるので巻かれた状態に髪が変形します。そして髪が冷えると再び結合するため、カールした状態を保つことができるのです。

カーラーには主に次のような種類があります。

マジックカーラー

カーラー表面がマジックテープ状になっていて、簡単に髪を巻くことができるので、初心者におすすめのタイプです。

スポンジカーラー

寝る前に髪を巻いて一晩過ごします。髪を傷める心配が少なく、朝のスタイリングにかける時間を短くしたい人も人気のカーラーです。

ホットカーラー

プラスチック製のカーラーを電熱で温めてから髪に巻き付けます。ヘアアイロンよりは温度が低いので、やけどをしにくく、髪へのダメージも少なくてすみます。

※ホットカーラーの使い方やポイントについては、『綺麗なカールを作るには!ホットカーラーとは』でも解説していますので、あわせてご覧ください。

初心者におすすめなのはマジックカーラー

マジックカーラーは表面がマジックテープになっているので髪を巻き付けやすく、巻いた後にも外れにくいのが特徴です。マジックカーラーを巻いてからドライヤーの温風をあて、冷ましてから外すとホットカーラーを巻いたようなカールをつけることができます。

マジックカーラーを選ぶときには、中にアルミが入っているタイプがよいでしょう。ドライヤーの温風をあてたときに熱が伝導しやすく、カールがしっかりとつくからです。太さの種類もそろっているので、髪の長さなどに合わせてバリエーションを楽しめます。

カーラーの使い方のポイント

髪の流れを整えてから巻くのがコツ

カーラーを巻く前に、髪がからまっていないか確認してください。そして、マジックテープ部分で髪を軽くすべらせるようにして、髪の流れを整えましょう。

トップを巻くときには、根元をしっかりとあげて巻いていくとふんわり仕上がります。反対に、えりあしは根元を下げて巻きましょう。

カーラーの巻き方は自由です。毛先だけを巻くなどさまざまな巻き方があるので雑誌などをチェックして研究してみるとよいでしょう。また、カーラーの太さや縦巻き、横巻などでも印象がぐっと変わります。

ボリュームを出したいときも簡単

前髪にボリュームが足りない、前髪がうまく流れないといった悩みがある人にはマジックカーラーが適しています。ホットカーラーではカールが強くついてしまうので、マジックカーラーでゆるくクセをつける程度がよいでしょう。カーラーの直径は、髪の長さの3分の1より小さめのものを選ぶとよいでしょう。ポイントは、カーラーで髪の毛を引っ張るようなイメージで、ゆるみなくしっかり巻くことです。髪を巻く前にスプレーなどを使うと、ふんわりとしたカールが長持ちします。

ドライヤーの温風の後に冷風をあてる

髪は熱を加えると形を自由につけやすくなり、冷やすと固まるという性質があります。カールをしっかりとつけるためには、カーラーを巻いたらドライヤーの熱をあて、冷風で冷やして時間をおいてから外すとよいでしょう。その後、セット力のあるスプレーを使うとカールがさらに長持ちします。

※ドライヤーの冷風と温風の使い分けについては、『ドライヤーの冷風と温風の使い方』でも解説していますので、あわせてご覧ください。

カーラーを外すときのポイント

カーラーを外すときには髪の巻き終わり部分を押さえて、カールを伸ばさないように外しましょう。カーラーを引っ張ってしまうと、せっかくのカールが伸びてしまうので注意が必要です。

カテゴリー