スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

毛様充血とは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/07/28

目の充血

「目の充血」と聞くと対処しなくても自然に治るものと思い込んでいませんか?充血のなかには放っておいていいものといけないものがあります。そこでドクター監修のもと、放っておいてはいけない毛様充血の特徴やリスクついて解説します。

白目が赤くなる充血は、誰もが一度は経験している症状です。しかし、充血のタイプによっては重大な病気を知らせるサインになっていることもあるのです。

「毛様充血」は重症度が高く注意が必要な充血

ひとくちに「充血」と言っても、充血している状態によって「結膜充血」と「毛様充血」の2種類に分けられます。一般的に多く、自然治癒することもある「結膜充血」に比べて、「毛様充血」は重症度が高いため、どちらの充血なのかを見極める事が必要です。

疲れ目やドライアイといったちょっとしたことでも充血しやすい結膜充血に対して、毛様充血はまれなケースと言えます。

網様充血は、黒目の周りの角膜が赤くなっている状態で、白目の内側に存在している虹彩が炎症を起こしている「虹彩炎(こうさいえん)」や、眼球を包んでいる角膜の病気、急性の緑内障、「ぶどう膜炎」などによって起こります。

毛様充血の特徴

見た目の特徴としては、白目の血管がぼやけて、ピンク色や紫がかったような色に見え、黒目に近づくに従って充血が強くなっています。黒目を中心として、血流が放射状に走っているようなイメージです。

まぶたの裏に充血がみられることがないため、「あっかんべー」をして確認してみることもひとつの目安です。結膜充血でしたらまぶたの裏も赤くなっていますが、毛様充血は赤くなっていません。また、血管を収縮させて白目に戻す作用のある血管収縮剤を配合した目薬を使っても、効果は見られません。さらに、結膜よりも深いところが出血しているため、光を見ると痛みがあるという症状を訴えることも多いようです。

充血が見られたら受診を

素人が結膜充血か毛様充血かを見た目で判断するのは、とても難しいことです。毛様充血に結膜充血の症状が混じり合っていることもあります。

プロの眼科医は、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡と呼ばれる器械を使って診断します。

毛様充血を放っておくと症状を悪化させたり、失明に繋がるリスクもあるため、まずは眼科で診てもらうことをおすすめします。

ただし、毛様充血は数百人中に1人か2人見つかるかどうかというまれな病気です。過度に心配しすぎる必要はありません。もしものときを考えて、普段とは違う充血の症状が見られたら受診を心がけるようにしましょう。

ヘルスケア本