スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

結膜充血とは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/07/28

目の充血

目の充血の原因はさまざまで、重症化しやすいものと比較的軽症のものがあります。今回は比較的軽症な「結膜充血」について、ドクター監修のもと解説します。一般的な症状である充血ですが、正しい知識を見について対処していきましょう。

白目が赤くなる充血は、非常に一般的な症状です。今回は、その中でも「結膜充血」と呼ばれるものについて解説します。

充血の多くは「結膜充血」

一般的にはあまり知られていませんが、充血は大きく分けて「結膜充血」と「毛様充血」の2種類に分けられます。原因も、ともなうリスクについても異なってくるため、充血がどちらのタイプかによって、対処法や治療法も異なってきます。

発症頻度はまれですが、重症化するとさまざまなリスクをともなう毛様充血は、角膜の病気や急性の緑内障、虹彩炎、ぶどう膜炎といった目の病気によって起こります。こちらは、早急に眼科での治療が必要です。

詳しくは、『毛様充血とは』の記事でご確認ください。

一方、結膜充血は比較的よくある充血です。目にゴミが入った、目をこすった、プールに入ったなどの物理的な刺激によるもの、または眼精疲労やドライアイによるものなど、充血の多くは、この結膜充血です。

また、結膜炎にかかったことによる結膜充血もあります。ウイルスに感染したことで起こる「ウイルス性結膜炎」、細菌が原因の「細菌性結膜炎」、花粉やハウスダストなどアレルギーが原因で起こる「アレルギー性結膜炎」などです。

結膜充血の特徴

結膜充血の場合は、まぶたの裏や白目の部分に網目状に血管が浮かび上がっていて、鮮やかな赤色です。まぶたの裏も充血していることが多いので、「あっかんべー」をしてみてまぶたの裏も赤くなっているかどうかをチェックしてみましょう。

毛様充血は黒目周辺が赤くなるのですが、結膜充血では反対です。白目から黒目に向かっていくように血管が走って、目尻や目頭に近い部分が赤く、黒目に近くなるほど色が薄くなることが多いです。

また、血管を収縮させて赤みを抑える血管収縮剤を配合した目薬で症状が落ち着くことが多いことも特徴的です。

結膜充血の対処法や治療法

目の使い過ぎや寝不足など、目が疲れていることが原因と考えられる場合は、目をしっかり休ませましょう。結膜充血は、症状も比較的軽いことが多いので、時間とともに自然に治ることも多いです。

ドライアイが原因と考えられる場合は、一時的に目薬で目にうるおいを与えたり、涙腺の働きを促す薬を使うなど、目の渇きを和らげるようにしてください。

充血を早く治したい場合は、血管を収縮させる成分の「ナファゾリン塩酸塩」や「塩酸テトラヒドロゾリン」を配合した目薬で、一時的に目の赤色を和らげられる可能性もあります。

また、結膜炎が原因となっている結膜充血の場合は、結膜炎を引き起こした原因に対するアプローチも必要です。細菌性やアレルギー性でしたら、抗菌や抗アレルギー作用を持った目薬を処方してもらいましょう。それでもおさまらない場合、ウイルス性の結膜炎の可能性もあります。あわせて医師に確認すると良いでしょう。

一般人が、見た目から自己判断で結膜充血か毛様充血かを判断することは危険です。目の病気を見逃さないためにも、専門家に相談しましょう。

ヘルスケア本