スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

更年期に起こりがちな肌トラブル

更新日:2017/03/17 公開日:2016/08/24

更年期を迎えると、肌の不調を訴える方は少なくありません。これらのトラブルは、年齢によるものなのでしょうか?

更年期に起こりがちな肌トラブルとは

身体にいろいろな変化をきたす更年期ですが、肌の変化も例外ではありません。更年期に陥りやすい肌の悩みには、どのようなものがあるのでしょうか。

乾燥

更年期には、顔はもちろん、手や身体など全身が急激に乾燥しやすくなります。若い頃から肌がデリケートな方、乾燥肌の方は特に要注意です。これまで使っていた化粧品がしみて、刺激になる場合もあります。

かゆみ

肌が乾燥するとバリア機能が落ちて、ささいな刺激も敏感に感じやすくなってしまいます。そのため、顔や全身にもかゆみの症状が表れやすくなるのです。かき壊してしまうと、肌を傷付けてしまいますので注意が必要です。

※更年期のかゆみについて詳しい内容は、『皮膚のかゆみは、更年期のサイン?』をご覧下さい。

吹き出物

更年期の吹き出物は、あごや口の周りなどフェイスラインにできやすいものです。乾燥によって古い角質がはがれにくくなり、毛穴もつまりやすいため炎症を起こしやすくなります。その結果、肌荒れなども招いてしまいます。

※更年期の吹き出物について詳しい内容は、『更年期にニキビができやすくなる理由』をご覧下さい。

シワ

ハリや弾力を失うことによって、肌がしぼんでシワシワになり、一気に老けた印象になります。特に、口の周りや目の下、目の周りなどは皮膚が薄く、デリケートな部分ですので、乾燥によってシワができやすくなります。

更年期の肌荒れの原因は?

これらの肌トラブルの原因は、女性ホルモン減少の影響が高いと言えます。

特に、肌をみずみずしくし、ハリやツヤを保つ役割のあるエストロゲンが著しく減少することでバリア機能が下がり、さまざまな症状が起こりやすくなります。

また、エストロゲンの減少はコラーゲンの質と量も低下させてしまいます。年齢による代謝の衰えも加わって、ターンオーバーも乱れやすく、肌はとてもデリケートな状態です。すると紫外線などのダメージをダイレクトに受けやすく、活性酸素による老化も早めてしまうのです。

更年期でも肌がきれいな人は…

しかし、同じ更年期世代でも若々しい肌を保っている方と、くすみやシワで老けてみえる方がいらっしゃいます。この差は、どこにあるのでしょうか。

まず考えられるのは、毎日のスキンケアです。といっても、高級化粧品を使うということではなく、正しいスキンケアを行っているかどうかの違いが大きいと言えます。たとえば、洗顔はゴシゴシこすっている、熱いシャワーを顔にもかけている、ナチュラルケア派だからメイクはしない…これらは間違ったスキンケアです。更年期はこれまで以上に丁寧に正しいスキンケアを行いましょう。

また、ストレス、睡眠、食事、喫煙などの生活環境も大きく影響します。大豆イソフラボンやアスタキサンチンなどのサプリメントで不足しがちな成分を補い、ビタミンC、E、β-カロテンなどの抗酸化成分を豊富に含んだ食品も積極的に摂りましょう。

※詳しい内容は、『美しさを保つ!50代(更年期)からの美容』をご覧下さい。

カテゴリー