スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ヒノキ花粉とはどんなもの?

更新日:2018/04/19 公開日:2016/08/26

ヒノキ花粉症とはどのようなものかについて説明します。

ヒノキ花粉症とは

ヒノキ花粉症は季節性のアレルギー性鼻炎の一種です。ヒノキのアレルゲンが体の粘膜に付着してアレルギー反応を起こすと、鼻にはくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状、目にはかゆみや充血、涙などの症状が出ます。

ヒノキ花粉症はなぜ起こる?

風媒花(ふうばいか)であるヒノキの花粉は、ある一定の時期に空気中へ大量に放出されます。その大量に飛散している花粉が、鼻や口、目などから体内に取りこまれます。

ヒノキ花粉のタンパク質(アレルゲン)を体が異物だと判断すると、私たちの体では、IgE抗体と呼ばれるタンパク質が作り出され、次のアレルゲン侵入に対してアンテナを張って待ち構えるようになります。

この状態で再びアレルゲンに反応すると、体がヒスタミンやロイコトリエンといった成分を分泌してアレルゲンを体から排除しようとします。

まず、ヒスタミンによって起きたくしゃみが刺激となり、鼻水や涙を作り出して体外に出そうとします。また、ロイコトリエンは血流を悪くして鼻づまりを起こし、アレルゲンの体内への侵入を阻止しようとします。これがヒノキ花粉症のメカニズムです。

ヒノキ花粉症の主な症状は

鼻の粘膜で起こるアレルギー反応により、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の粘膜で起こるアレルギー反応により目のかゆみや充血、涙などの症状を引き起こします。また、頻度はさほど多くはありませんが、メロンやパイナップル、キウイなど特定の果物を食べた際に、口腔アレルギー症候群(OAS)を発症する場合があります。

詳しくは『ヒノキ花粉症の症状について』をご覧ください。

ヒノキ花粉症の治療方法

ヒノキ花粉症の治療方法は大きく分けると2通りです。

対症療法

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみや充血といった花粉症の症状を薬によって短期間で軽減する治療方法です。鼻や目など症状が出ている部分に直接働きかける点鼻薬や点眼薬のほか、全身のアレルギー症状を抑える内服薬、あるいは鼻閉がひどいときなどに行う鼻粘膜へのレーザー治療があります。

根治療法

根治療法にはいくつかの方法があり、まず「原因(抗原)の除去と回避」を行います。これはすべての花粉症治療の基本で、可能な限りアレルゲンを排除して、できるだけアレルゲンと接触しないように暮らすことです。

また、根治療法の代表とも言えるアレルゲン免疫療法(減感作療法)という花粉エキスを注射または舌下投与で行うものがありますが、残念ながらヒノキ花粉症に認可された薬剤がありません。

ヒノキ花粉症の対策

すべての花粉症に共通しますが、ヒノキに関しても花粉が飛び始める少し前から始める予防対策が有効です。

外出時にメガネやマスクを使って花粉の体内への侵入を軽減したり、花粉が大量に飛散している晴れた風の強い日は、家の窓や扉の開閉をできるだけ控えたりするのも手軽かつ有効な手段です。また、帰宅時は家に入る前に衣類や髪に付着した花粉を払い落とし、帰宅後は手洗い、うがい、洗顔、そして、鼻もかむとよいでしょう。部屋の掃除もまめにするように心がけましょう。詳しくは『ヒノキ花粉の対策法について』をご覧ください。

カテゴリー