スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

痩せている人も二重あごになる?二重あごの原因

更新日:2018/01/22 公開日:2016/09/23

痩せているのに二重あごで悩んでいるという人は案外少なくないものですが、そもそも、なぜ二重あごになってしまうのでしょうか。今回は、その原因と解消法をご紹介していきます。

二重あごの原因とは

二重あごになる主な原因には、次の3つがあります。

太っていること

当然のことですが、肥満で全身に余分な脂肪がついているとあごにも脂肪がつきやすく、二重あごになりがちです。また、肥満だと新陳代謝が悪くてむくみやすかったり、脂肪の重みでたるみやすかったりするので、二重あごを加速させます。

表情筋(オトガイ筋)の発達

痩せているのに二重あごが気になるという場合に考えられるのは、オトガイ筋が発達し過ぎたことです。オトガイ筋が発達し過ぎるとあごの筋肉が上にあがり、あごのラインがシャープでなくなります。また、よく「うめぼしジワ」と呼ばれるシワができてしまいます。オトガイ筋は、唇の下からあごに向かって伸び、下あごを持ち上げている筋肉なので、二重あごにみえることもあります。あごが小さい方は、オトガイ筋を使いすぎて、大きくなりやすい傾向があるので注意しましょう。

姿勢や噛み合わせが悪い

二重あごには姿勢の悪さも関係しています。背中が丸まっていると首が前のめりになり、あごが上がってしまうため、あごの周辺がたるんで見えてしまいます。また、顔の骨格が歪んでいたり、歯の噛み合わせが悪かったりすることも、二重あごの原因になります。

二重あごを解消し、フェイスラインを引き締めるためには、これらの原因を理解し、日々の生活を見直すことが必要です。原因に肥満が当てはまる人は、定期的に運動したり食事に気をつけるなどして、改善を図りましょう。オトガイ筋が発達し過ぎたことによる二重あごは、筋力トレーニングをすると逆効果なので注意しましょう。姿勢の悪さが原因と考えられる人は、姿勢を正すよう意識して過ごしましょう。特にパソコンの操作中は首が前のめりになりやすいので、気をつけましょう。

カテゴリー