スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

エレクトロポレーション用美容液に配合されている成分

更新日:2016/12/09 公開日:2016/09/21

エレクトロポレーションでは、目的に合わせた美容液を肌に塗り、電気の力を使ってその美容成分を肌の奥に浸透させていきます。ここでは、エレクトロポレーションに利用される美容液の成分や、その効果について解説します。

エレクトロポレーションとは

エレクトロポレーションとは、特殊な電気パルスを肌に与えることで、細胞同士に一時的なすき間をつくり、そこから美容成分を肌の奥に浸透させていく美容法です。似たような美容法に、イオン導入がありますが、イオン導入ではイオン化できて分子の小さな成分しか浸透されないのに対し、エレクトロポレーションではイオン化できないものや分子が大きな成分も浸透させられるのが魅力です。詳しくは、『エレクトロポレーション(電気穿孔法)とは』をご覧ください。

エレクトロポレーション用の美容液に配合されている成分

エレクトロポレーションでは、洗顔を済ませた肌へ目的に合わせた美容液を塗り、その上から特殊な機械で電気を与えて、美容成分を肌に浸透させていきます。エレクトロポレーション用の美容液に配合されている代表的な成分には、次のようなものがあります。

幹細胞成長因子

幹細胞成長因子は、コラーゲンやヒアルロン酸を生成する線維芽細胞をはじめ、あらゆる細胞の増殖をコントロールするタンパク質の一種です。これを肌に導入することで、細胞を活性化させて増殖させたりするなど、肌にハリを与えたり、たるみに悩む方や気になる方によいとされています。

トラネキサム酸

トラネキサム酸には、メラニンの生成を抑えて、シミをはじめとする色素沈着による肌トラブルに有効だといわれています。また、抗炎症作用があるため、肌荒れによる赤み、腫れなどを抑える効果も期待できます。

グリシルグリシン

大きく開いて見える毛穴は、毛穴を中心に、皮膚がすり鉢状に厚く硬く盛り上がったような状態になっています。これは、皮脂腺から分泌される不飽和脂肪酸が多く、それが酸化して毛穴周りの皮膚の新陳代謝が乱され、角質層が分厚くなってしまう(角化異常を起こす)からです。グリシルグリシンには、不飽和脂肪酸の酸化による角化異常を抑え、毛穴を目立たなくさせる効果が期待できます。

ビタミンC

ビタミンCには、メラニンの沈着を抑え、できたメラニン色素を還元する作用や、コラーゲンの生成を助けて肌にハリや弾力をもたらす作用を期待できます。

プラセンタ

プラセンタとは、哺乳類の胎盤から有効成分を抽出したエキスのことで、成長因子やペプチド、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが豊富です。プラセンタを導入することで、肌の新陳代謝を整えたり、活性酸素による肌の老化からサポートしたりする効果が期待できます。また、美白効果や保湿効果、シワやたるみのケアにも役立つといわれています。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は高い水分保持力を持つ物質で、これを導入することで肌の水分保持力が回復し、乾燥によるシワ、たるみ、皮脂の過剰な分泌などを改善する効果が期待できます。

カテゴリー