スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

エレクトロポレーション(電気穿孔法)の副作用

更新日:2016/12/09 公開日:2016/09/21

エレクトロポレーションは、特殊な電気パルスによって、細胞間に一時的なすき間をつくり、そこから美容成分を肌の内部に浸透させる美容法です。針ではなく、電気の力を利用するので、痛みや肌へのダメージはありませんし、電圧を下げれば細胞間にできたすき間もすぐに閉じるので、安全な施術だといわれています。エレクトロポレーションの概要については『エレクトロポレーション(電気穿孔法)とは』を、詳しい効果については『エレクトロポレーション(電気穿孔法)にはどんな効果があるのか』の記事をご覧ください。

エレクトロポレーションの施術は、まれに副作用が出ることもあるようです。エレクトロポレーションで起こりえる副作用や、副作用を防ぐための注意点などをご紹介していきます。

エレクトロポレーションの副作用

エレクトロポレーションで起こりえる副作用には次のようなものがあります。

導入する成分によるアレルギー反応

エレクトロポレーションでは、導入する成分が肌に合わずアレルギー反応を起こして、赤みやむくみなどが出ることがまれにあるようです。

品質の悪い美容液を使用したことによる肌荒れ

肌の表面には、有害な物質の侵入を防ぐバリアの役割をする角質層がありますが、エレクトロポレーションでは、このバリアに一時的な穴を開けることで、有効成分を浸透させます。このため、導入剤として使用する美容液の純度が低かったり、添加物がたくさん入っていたりすると、肌トラブルを起こす可能性があります。

エレクトロポレーションの機器や電気刺激による摩擦

皮膚に直接機器をあてて振動刺激を与える施術になるので、肌が敏感な方は肌が荒れてしまうこともあります。

副作用を防ぐには

副作用を防ぐためのポイントをご紹介します。

施術は信頼できるクリニックで行う

エレクトロポレーションの施術実績や施術症例など、事前に調べましょう。

施術前はカウンセリングを十分に行う

施術の副作用やリスク、また、自分の持病やアレルギーについて、しっかりと話し合いましょう。

導入する成分についてチェックする

導入する成分にはどのような効果が期待できるのか、薬剤の純度など、品質には問題ないのか、といった部分にも注意を向けましょう。

エレクトロポレーションは痛みやダウンタイムがないことで注目されていますが、上記のような副作用であったり、1回施術しただけでは効果をあまり感じられない、といった注意点もあります。もちろん個人差もありますが、より効果を実感するには定期的に施術を受け、根気よく続けることが重要です。

カテゴリー