スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

角膜びらんの予防方法

更新日:2016/12/09 公開日:2016/09/15

目のトラブルの基礎知識

角膜びらんを予防するために心がけるべきことを、ドクター監修の記事でお伝えします。角膜びらんは再発をくり返すことがある病気です。角膜びらんが起こる原因と、再発を防ぐために必要なことを知っておきましょう。

再発をくり返すこともある角膜びらんは、予防することが大切です。角膜びらんを発症するメカニズムをしっかりと理解して、角膜びらんをくり返さないように注意しましょう。

角膜びらんが起こる理由

角膜びらんとは、黒目(角膜)の皮である角膜上皮が部分的にはがれている状態のことをいいます。木の枝や爪、紙などのほか、コンタクトレンズによって角膜が傷ついてしまう外的要因によるものが多いのですが、感染症や薬物障害、角膜ジストロフィー、糖尿病といった病気が原因で角膜びらんを発症するケースもあります。軽症の角膜びらんは目薬や軟膏を用いた治療を受けると数日で治る可能性がありますが、放置しておくと炎症を起こして角膜浸潤を発症したり、角膜のさらに深い層まで進行して角膜潰瘍を引き起こしたりすることもあるので注意が必要です。また、一度治っても再発をくり返す再発性角膜びらんになる可能性もあります。角膜びらんを完全に防ぐ方法はないので、再発の可能性を低くする対策が重要になってきます。

角膜びらんをくり返さないために必要なこと

角膜は乾燥していると傷がつきやすくなるので、角膜びらんを予防するには目の乾燥を防ぐことが重要です。パソコンやスマホなどの画面を長時間見つめていると、まばたきの回数が減って目が乾燥しがちです。意識的にまばたきをして涙を分泌するようにしましょう。また、目の乾燥を感じたら、人工涙液の目薬をさすのも効果的です。エアコンの使用などによる空気の乾燥にも注意してください。

コンタクトレンズの使用者は、特に目の乾燥に気をつけなければなりません。コンタクトレンズを装用していると、どうしても目のうるおいが奪われがちです。さらに、コンタクトレンズによる刺激で角膜を傷つける恐れもあります。角膜びらんを防ぐために、コンタクトレンズの長時間装用はできるだけ避けたほうがよいでしょう。また、コンタクトレンズに付着している細菌などから感染症を引き起こす可能性もあります。コンタクトレンズは正しい方法でケアをして、清潔を保ってください。

目のトラブルは早期発見が大切です。自覚症状がなくても目の異常が起きている可能性もあるので、定期的に眼科で検査を受けましょう。コンタクトレンズの状態もチェックしてもらうと安心です。そして、目に少しでも異常を感じたら、すぐに眼科を受診してください。

この病気・症状の初診に向いている科 眼科

ヘルスケア本