スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

扁平足=遺伝という説は正しい?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/10/19

扁平足の基礎知識

扁平足(へんぺいそく)は足の筋力の低下や生活習慣によって発症する一方で、遺伝が原因という説もあります。はたしてその説は正しいのか、また、対処法や改善法と併せて、ドクター監修のもと解説します。

扁平足(へんぺいそく)は足の筋力の低下や生活習慣などで発症する一方で、親族に扁平足の人がいると遺伝するという説を聞いたことがあるかもしれません。遺伝が原因で扁平足が発症するという説は、そもそも正しいのでしょうか。ここでは扁平足と遺伝の関係性について解説します。

遺伝的な要素も考えられる

乳幼児はほとんどが扁平足ですが、成長に従って土踏まずが形成され、自然に治癒していきます。学童期~思春期にかけて土踏まずが形成されていない場合は、遺伝的な要素があったり、骨の成長に異常があることがあります。また、明らかな遺伝というわけではありませんが、手足の形が親に似ることがあるように、親と同様、扁平足となる子供もいますが、生活環境や訓練などである程度改善することは可能です。幼児期の扁平足の場合、痛みを出すことは少ないですが、成長に伴って体重負荷が増加すると、扁平足が進行したり、痛みなどの症状を出すこともあります。

幼児期の多くは扁平足

扁平足はどの年齢層でも発症しますが、もっとも多く見られるのが幼児期です。幼児期は脂肪も厚く、筋肉や靭帯などが十分に発達していないため、扁平足であることがほとんどですが、その中に骨の異常や先天性の病気が隠れていることもあります。見た目にはわからないことも多いので、歩き方がおかしいなどの異常が疑われた場合は小児・整形外科の医師に相談してみましょう。

生活環境での改善法

幼児期の扁平足は、ほとんどの場合は成長とともに自然と土踏まずが形成されるので、それほど心配はいりません。扁平足の予防法としては、サイズの合った靴を選ぶことや、足の指を使う習慣をつけることなどが有効でしょう。足を踏ん張ったり、つま先立ちをしたり、鼻緒のある履物を履くなどで足の裏は少しずつ鍛えられます。子供が少し大きくなれば、足指じゃんけんをして遊ぶのもおすすめです。

子供の扁平足について詳しくは『土踏まずがない子供は扁平足に注意』をご覧ください。

監修協力:あいち腰痛オペクリニック 河重 俊一郎