スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

足の痛みを感じたら扁平足の恐れあり

更新日:2016/12/09 公開日:2016/10/19

扁平足の基礎知識

扁平足(へんぺいそく)は、子供の頃は発症したことに気がつきにくく、成長に伴い痛みを感じることがある、という特徴があります。扁平足を発症した場合の典型的な症状や対処法について、ドクター監修のもと解説します。

子供は足裏にも脂肪が多く、ふっくらしているため見ただけでは気がつきにくい扁平足(へんぺいそく)。また、しっかりとした治療をせずに放置してしまい、大人になってから症状が出現するケースも多く見られます。ここでは扁平足の主な症状、予防法や対処法について解説します。

扁平足とはそもそもどんな状態なのか

扁平足とは、体重を支え、衝撃を吸収するスプリングのような役目をしている足の裏側の土踏まずがなくなり、足の裏全体が平らになっている状態を指します。体重がかかった際の衝撃を上手く吸収できないために、長時間立っていたり歩いたりすると、足の裏やふくらはぎ、太ももなどに疲労感や痛みが出てきます。また、痛みなどの症状が出ない無症候性のものもあり、放置されることも多くあります。

子供と大人の扁平足の違い

子供の扁平足は幼児期扁平足と呼び、土踏まずが形成される幼児期に、足の裏の筋肉や靭帯などの発達が不十分であったりすることで起こります。一方、大人の扁平足は成人期扁平足と呼び、常に土踏まずが下がっている状態を指します。大人と子供、それぞれのケースの症状は以下の通りです。

幼児期扁平足

一般的に幼児期の扁平足は、骨や筋肉、靭帯などの発達が十分でないために見られるもので、成長とともに改善していくことがほとんどですが、先天性の骨格異常等が原因の扁平足の場合は自然治癒することはありません。一般的に幼児期扁平足は前述の通り、見ただけでは分かりづらく、足の痛みなどを訴えることも少ないため、発見されづらいものです。歩き方がおかしい、転びやすいなどの兆候から病院を受診して判明するといったケースもあるので、子供の歩き方などを日ごろから観察しておくことが大切です。

成人期扁平足

成長が止まった成人後に、体重負荷やケガなどの影響で土踏まずが潰れてくる場合と、幼児期の扁平足が成長にともなって改善せず、そのまま大人になってしまった場合とに分けられます。幼児期に比べ体重が重く、筋肉なども柔軟性が低下していることがほとんどのため、痛みや疲労感の訴えが多く、足裏の炎症などを引き起こし重症化することもあります。

扁平足の予防と対処法

幼児期の扁平足は、成長とともに筋肉や靭帯が強化されると自然と改善していくことがほとんどで、治療が必要となることは稀です。足部の適切な発達のために、サイズの合った靴を選ぶことや、足の指を使う習慣をつけることなどが大切です。足を踏ん張ったり、つま先立ちをしたり、鼻緒のある履物を履くなどで足の裏は少ずつ鍛えられます。成人期扁平足は、体重負荷によるところが大きいため、体重を適正に保つことが大切です。また、足裏の筋肉やアキレス腱などの柔軟性が低下していることがほとんどのため、ストレッチや、昔ながらの青竹踏み、ゴルフボールなどを踏んで足裏をマッサージするのが有効です。痛みが強い場合などは、靴にアーチをサポートするインソールなどを入れるのも良いでしょう。

扁平足の治し方について詳しくは『手術や矯正など、扁平足の治し方について』をご覧ください。

監修協力:あいち腰痛オペクリニック 河重 俊一郎