スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

前十字靭帯の損傷の原因について

更新日:2018/06/13 公開日:2016/09/21

前十字靭帯の基礎知識

前十字靭帯損傷の原因は、大半がスポーツ中のトラブルによるものといわれています。ひざ関節の中にあり、太ももの骨とすねの骨を結ぶ前十字靭帯が損傷する原因について、ドクター監修の記事でさらに詳しく解説します。

前十字靭帯損傷の多くがスポーツ中に起こるといわれています。スポーツ中にどのような衝撃を受けると起こりやすいのか、男女差などはあるのか。原因を詳しく見ていきましょう。

膝前十字靱帯損傷とは

膝前十字靱帯(ひざぜんじゅうじじんたいそんしょう、ACL損傷)はひざ関節の中にあり、ひざがグラグラしないように支える靱帯です。その靱帯が、スポーツなど激しい動きの最中になんらかの衝撃を受け、ひざの正常な可動域を超えた動きをしてしまった場合に生じるのが、膝前十字靱帯損傷です。ケガをした直後は腫れたり傷んだりはそれほどありませんが、ひざに力が入らず、立つ時に違和感があります。その後、徐々に腫れが現れ、ひざの動きが制限されてしまい動きにくくなります。ジャンプの着地や切り返しの動作で起こることが多く、特にバスケットボールで起こりやすいです。

膝前十字靱帯損傷の種類

スポーツによる膝前十字靱帯損傷には、大きく分けて3種類あります。

非接触損傷

バスケットボールなどで、ジャンプの着地時やターン動作など、急激な方向転換をした際に、ひざに大きなストレスがかかってしまうことによって起こる損傷。

接触性損傷

ラグビーやアメリカンフットボールなど、選手同士がタックルするときに、体やレガースなどの防具が直接ひざにぶつかってしまうことによって起こる損傷。

介達損傷(かいたつそんしょう)

スキーなどで転倒し、ひざを大きく捻った衝撃で起こる損傷。

男性と女性のどちらが膝前十字靱帯損傷を起こしやすいか

男性と女性を比較すると、女性の方が起きやすい膝前十字靱帯損傷。理由はさまざまですが、大きな原因の一つに筋肉の量や骨格に差があることがあげられます。詳しくは、『ひざの前十字靭帯損傷に男女差はある?』をご覧ください。