スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ひじの痛みは上腕骨顆上(じょうわんこつかじょう)骨折かも

更新日:2016/12/09 公開日:2016/10/22

腕の骨折

上腕骨顆上骨折は子供に多い骨折です。転んだり、鉄棒などから落ちたりしたとき、この骨折が疑われます。上腕骨顆上骨折の特徴や治療、合併症についてドクター監修の記事で詳しく解説します。

上腕骨夥上(じょうわんこつかじょう)骨折は、5~10歳の子供に一番起こりやすい骨折の1つです。子供が転倒や転落などをして、ひじが動かせないほどの激しい痛みや腫れがある場合は、上腕骨顆上骨折かもしれません。上腕骨顆上骨折にはどのような特徴や治療法があり、どういった合併症に注意すべきかを見ていきましょう。

上腕骨顆上骨折の特徴

上腕骨顆上骨折はほとんどの場合、子供が転んで手をついたり、鉄棒や滑り台、ブランコ、跳び箱などから落ちたりした際にひじが反ることで起こります。症状としては、ひじの部分が激しく痛み、著しく腫れます。転倒や落下の後ひじが動かせない場合は、まずこの上腕骨顆上骨折を疑いましょう。骨折部にズレがあると、肘頭(ちゅうとう)が後方に飛び出しているように見えます。折れた骨の欠片で神経や血管を損傷した場合には、手や指が痺れたり動かせなくなったりすることがあります。

上腕骨夥上骨折の診断

上腕骨夥上骨折はX線検査をして診断を行います。X線撮影の結果で骨折の方向やズレの程度を見て、治療の方針を決めます。血管の損傷が疑われるときは、超音波検査や造影剤を用いた検査も行います。

上腕骨顆上骨折の治療法

上腕骨顆上骨折では、合併症がなければ保存療法が基本となります。変形の程度が軽い場合はギプスなどで固定を行い、腫れがひどい場合には牽引療法を行うことがあります。変形が著しく骨折部が不安定な場合には、鋼線固定などの方法で手術を行うこともあります。

徒手整復(としゅせいふく)法

骨折した子供が仰向けに寝た状態で、全身麻酔をかけて徒手整復を行います。徒手整復とは、手を用いて骨折の整復を行うことです。整復位を得たら、その位置で上腕から手関節まで、ギプスやキャストによる固定を行います。ただし、年齢が若いほど軟骨部分が多く、X線像による整復位の確認が難しいとされています。無理な徒手整復を何度もくり返すと、腫れがひどくなって血行障害が生じたり、骨化性筋炎を起こしたりする恐れがあるので、牽引療法(けんいんりょうほう)に切り替えることがあります。術後24時間は、血液やリンパが停滞する循環障害に注意が必要です。上腕骨顆上骨折の場合、ギプスでの固定期間は4週間で、医師の許可により徐々に運動を始めます。

牽引療法

徒手整復が困難な場合や、整復位の保持がしにくい、または変形の程度が大きい場合には、腕を吊って引っ張る牽引療法を行います。4~5歳以上であれば直達牽引、4~5歳以下であれば介達垂直牽引という方法がとられます。X線検査によって、1~2日おきに整復の状態を確認しますが、牽引療法を行えば約2~3日で整復が得られます。その後は、整復位の保持に努めながら経過を見ます。

経皮的鋼線固定

骨折部の安定性が悪い場合には、徒手整復後に鋼線(こうせん)を刺し入れて固定することがあります。顆部(かぶ)の外側と内側から鋼線を刺し入れるのが一般的ですが、場合によっては外側から2本刺し入れます。

上腕骨夥上骨折の合併症

上腕骨顆上骨折の合併症としては、神経や血管の損傷が起き、手や指が動かせなくなることがあります。血管損傷の場合は早急に手術が必要となります。また、上腕骨顆上骨折では、骨折した部分の骨が曲がってついてしまい、内反肘(ないはんちゅう)という変形が残ることがあります。

ヘルスケア本