スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ひじを骨折!肘頭(ちゅうとう)骨折の治療と応急処置

更新日:2016/12/09 公開日:2016/09/30

腕の骨折

肘頭(ちゅうとう)骨折は、ひじの頂点部分の骨折です。転んでひじをぶつけたり、転んだとき手をついたりしたことが原因で起こります。ここでは、肘頭骨折の特徴や治療、応急処置について、ドクター監修の記事で詳しく解説します。

肘頭(ちゅうとう)骨折とは、肘関節(ひじかんせつ)の後方にあるひじの頂点部分に起こる骨折です。転んで直接ひじをぶつけたり、手をついたりすることが原因で起こります。骨折するとひじがうまく動かなくなったり、ひじ周辺が激しく腫れたりします。それでは、肘頭骨折の特徴や治療法、応急処置法を見ていきましょう。

肘頭骨折の特徴

肘頭は、二の腕と前腕とをつなぐ蝶番(ちょうつがい)の役目を担っており、肘関節の曲げ伸ばしをなめらかにする働きがあります。肘頭を骨折すると、上腕の後ろにある上腕三頭筋に引っ張られ、肘頭が破断し、折れた骨の欠片が引き裂かれた状態になります。肘頭骨折の症状としては、ひじを自由に動かすことができず、肘頭は二の腕と前腕とをつなぐ蝶番としての役目を果たせなくなります。また、ひじのあたりが著しく腫れて、押さえると激しく痛みを感じるようになります。場合によっては、ひじのあたりを触るとくぼみがあり、骨が折れているのがわかることもあります。

肘頭骨折の診断

肘頭骨折は単純X線検査で診断できます。X線検査の結果や折れた骨の欠片の状態を見て治療の方針を決めます。

肘頭骨折の治療法

肘頭骨折の治療として、手術を行わない保存療法と外科的手術の2つの方法があります。どんな骨折にもいえますが、骨が変形せずにつき、骨折前と同じ機能を果たすようにするのが治療の要点です。

保存療法

肘頭骨折をしても、折れた骨の欠片が著しく引き裂かれていないようであれば、保存療法での治療を行います。ひじを直接ぶつけて骨折した場合は粉砕骨折を起こしていることが多く、変形の程度が軽いようであれば、二の腕から手までの長いギプスを巻いて固定します。肘頭骨折での保存療法における固定期間は、肘関節を少し伸ばした状態で約1か月です。その後、経過を見ながら、ひじの曲げ伸ばしのリハビリテーションを行って治療を続けます。

肘頭骨折の手術

肘頭骨折で折れた骨の欠片が著しく引き裂かれた場合、外科手術による治療が選ばれます。肘頭骨折での手術は、一般的に細い針金を巻いて固定する方法が行われています。また、骨折した骨の欠片がバラバラになってたくさんある場合は、金属のプレートを用いて固定する方法がとられることもあります。これらの方法で内固定することで、上腕三頭筋腱が強く引っ張る力に対抗し、骨折した肘頭が引き裂かれるのを防ぎます。手術でしっかり内固定することで、術後には早期にひじの曲げ伸ばしを始めることができます。肘頭骨折での手術には、治療後のリハビリテーションの時間も短縮できるメリットがあります。

肘頭骨折の応急処置

肘頭骨折が疑われるようなけがをした場合は、応急処置として、ひじを少し曲げた状態にして救急用の副木(ふくぼく)、もしくは副木に替わる何かを添えて、ひじが動かないように固定しましょう。さらに、ひじの周りに氷または冷水を入れた袋を当てて冷やします。このとき、氷のうを直接当てるのではなく、タオルなどで包むようにしましょう。その後は必ず専門医の診察を受けてください。

ヘルスケア本