スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

膝の皿を骨折!膝蓋骨(しつがいこつ)骨折の治療と応急処置

更新日:2016/12/09 公開日:2016/10/19

足の骨折

膝蓋骨(しつがいこつ)骨折は、いわゆる「膝の皿」に起こる骨折です。転倒で強打したり、膝の上に物が落ちたりすることで起こります。膝蓋骨骨折の概要と治療法、応急処置についてドクター監修の記事で解説します。

膝蓋骨(しつがいこつ)とは膝の関節の前方にある丸い骨で、一般には「膝のお皿の骨」として知られています。膝蓋骨は膝の曲げ伸ばしの動きを中心となって支え、膝の動きを滑らかにする役割を担っている重要な骨です。本記事では、膝蓋骨骨折の概要と治療法、応急処置法を見ていきましょう。

膝蓋骨骨折の症状と特徴

膝蓋骨は、転んで膝を強打したり、階段などの角に膝をぶつけたり、上から何か物が落ちて来て膝に当たったりすることが原因で骨折します。骨折部は、2つ、あるいはそれ以上の欠片に割れます。膝蓋骨に横方向の骨折線が入るように骨折が起こると、大腿四頭筋腱と膝蓋腱という筋腱によって引っ張られて、骨折箇所が引き離されていきます。この状態では自分の意志でうまく膝を動かすことができなくなり、膝は著しく腫れ、押さえると強い痛みを感じます。場合によっては、膝蓋骨のあたりのくぼみを触ることができるくらい、骨折がはっきりとわかることもあります。

膝蓋骨骨折の治療法

膝蓋骨骨折の治療法としては、手術を行わない保存療法と手術による治療とがあります。膝蓋骨骨折は、単純X線写真により容易に診断できます。骨折の状態を調べて治療方針が決められます。

保存療法

膝蓋骨骨折が起きても、縦方向・横方向の骨折にかかわらず折れた骨の欠片があまり引き離されなかった場合は、保存療法での治療が行われます。具体的には、太ももから足までの長いギプスを巻いて固定したり、装具という特殊な固定具をつけたりして、膝をまっすぐに伸ばした状態で固定する方法です。4週間ほどの固定期間が経過してから、膝の曲げ伸ばしのリハビリテーションを始めます。リハビリ期間の目安としては可動域、筋力アップ、ADL動作訓練も含めて4週間ほどとなります。

膝蓋骨骨折の手術

膝蓋骨骨折が起きて、折れた骨の欠片が引き離された場合には、外科的手術が必要となります。小さな骨の欠片による骨折が多いので、まっすぐな硬い針金で骨折を固定してから、その針金に細い柔らかい針金を巻き付けて固定する方法が一般的に行われています。この手術を行うと、膝蓋骨を包んでいる筋腱によって膝蓋骨が引き離されるのを防ぐことができます。

手術を行うと膝蓋骨が強固に結び付けられるので、術後は早期に膝の曲げ伸ばしができるのはもちろん、そのまま歩行することも可能です。術後数日たてば、可動域、筋力アップ、ADL動作訓練のリハビリテーションを始めることができます。

このように、手術による治療ではリハビリもすぐ始められ、保存療法よりも1か月ほど治療期間を短縮できるというメリットがあります。

膝蓋骨骨折の応急処置

膝蓋骨を骨折が疑われるときは、まず膝をまっすぐにしてから、添え木を用いてまっすぐにした状態を保持するようにしてください。そして、膝のあたりに氷または冷水を入れた袋をあてて冷やします。このとき氷のうを直接あてるのではなく、タオルなどで包むようにしましょう。その後、専門医を受診してください。

ヘルスケア本