スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

円形脱毛症で病院に行くときは何科?

更新日:2017/09/14 公開日:2016/10/24

円形脱毛症の治療

円形脱毛症は、必ずしも治療が必要というわけではありませんが、不安やストレスを抱えていると、症状が悪化することもあります。ドクター監修のもと、円形脱毛症になったときに受診する病院や、治療法について解説します。

円形脱毛症になってしまったときは、何科を受診すればよいのか、また、医療機関ではどのような診察や治療を行うのか、という点について解説します。

心配な人は早めに受診を

円形脱毛症は前触れもなく、髪が部分的に突然抜け落ちてしまう病気です。円形の脱毛斑が1~2か所できるケースが一般的ですが、広範囲に脱毛したり、全ての髪の毛が完全に抜け落ちたり、頭髪だけでなく眉毛や体毛まで脱毛するケースなど、その症状はさまざまです。

軽度の円形脱毛症なら自然に治ることも多いので、必ずしも治療が必要というわけではありません。しかし、髪が抜けてしまうというのは、精神的には大きなショックです。脱毛を気にしすぎてストレスを抱えこんでいると、症状が悪化してしまうこともあるので、心配な人は早めに病院を受診しましょう。

円形脱毛症は何科に行けばいいのか

円形脱毛症は皮膚科で診てもらえます。また、病院によっては脱毛外来や脱毛症外来など、専門の外来を設けている病院もあるので、そういったところを受診するのもよいでしょう。病院ではこれまでの病歴や脱毛の症状から、円形脱毛症かどうかを診断します。

円形脱毛症の治療とは

円形脱毛症の原因はまだ解明されていませんが、現在のところ、誤作動を起こした免疫細胞によって、毛包が攻撃されて炎症を起こすことで生じるという説が有力です。このため、医療機関では、主に免疫細胞の働きを抑制したり、炎症を抑えたりするための治療が行われます。

しかし、外用薬や内服薬を用いた薬物療法以外にも、患部に人工的にかぶれを起こす局所免疫療法、ステロイド剤を患部に直接注射するステロイド局所注射、患部に刺激を与える冷却治療、紫外線を照射するPUVA治療法(紫外線療法)など、その方法はさまざまで、患者の年齢、症状、発症してからの期間などを考慮して、適した治療法が選択されます。

円形脱毛症の治療法は、『円形脱毛症の治療法について』の記事で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

今すぐ読みたい