スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

双極性障害の診断基準と診断時のポイント

更新日:2017/04/18 公開日:2016/10/24

双極性障害の診断と治療

双極性障害の診断では、うつ状態と躁(そう)状態の診断基準を満たしているかどうかを確認します。また、症状の現れ方によって、双極1型と双極2型に分類されます。双極性障害の診断について、ドクター監修の記事で詳しく説明します。

うつ状態と躁(そう)状態がくり返して現れる場合は、双極性障害の可能性があります。どのような点から双極性障害と診断されるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

双極性障害を診断する基準とは

うつ状態などの症状の原因が薬や病気による影響でないかを確認したうえで、次の点について問診を行います。

うつ状態の診断基準

1.一日のほとんどをゆううつな気分で過ごしている

2.本来なら楽しめることに興味がなくなり、楽しいと感じられなくなった

3.食欲が低下して体重が減る(あるいは、食欲増加で体重が増える)

4.寝つきが悪く、途中で目が覚める、早朝に目が覚めてしまう、寝すぎてしまうなど

5.話し方や行動が遅くなる、もしくは、イライラして落ち着かない

6.疲れやすく、気力がなくなる

7.自分が存在する価値がないと感じ、自分を責めてしまう

8.物事に集中できなく、決断力もなくなる

9.この世から消えたい、死にたいという感情がある

このような症状が5つ以上(1と2のどちらかを含む)あり、さらに2週間以上続く場合には、うつ状態であると考えます。

躁状態の診断基準

1.自分がすぐれた人間であると感じ、何でもできてしまいそうに思える

2.あまり眠らなくても気分がすっきりしている、夜遅くまで、あるいは朝早くから活動できる

3.話したい気持ちがおさえられず、大きな声で早口で話すことが止められない

4.考えが次々と浮かんできて、話題や興味があちこちに飛ぶ

5.物事に集中できず、注意がすぐにそれてしまう

6.性的、職業的、宗教的、政治的な活動力が増す、不安により足踏みや手をよじるなどの行動がみられる

7.計画性のない浪費や乱暴な運転、性的に常識を外れた行為などに熱中する

1を含む4つ以上の症状が1週間以上続くと、躁状態であると考えられます。また、このような状態が4日以上続くけれども、人間関係に支障がないといった状態であれば軽躁状態とされるでしょう。

双極性障害の診断で行われること

まず、他の病気による障害や、医薬品などの物質によって誘発されている可能性がないかを確認します。そして、先ほど紹介した項目に当てはまるかどうかをチェックします。その際、現在だけでなく、過去にも同じような状態がみられたかを確認することもあります。診断基準を満たさない場合には、軽いうつ、または軽い躁が数日続く気分循環性障害か、うつ病よりも症状の軽い持続性抑うつ障害の可能性も考えられるでしょう。ただし、基準を満たすからといってすぐに診断を下すわけではありません。うつ病か双極性障害かの判断や、双極性障害でも1型もしくは2型のどちらかを見極めなければなりません。

双極1型障害と双極2型障害の違い

双極性障害は、躁状態の現れ方により1型と2型に分けられています。1回以上の躁状態が認められる場合には双極1型障害とされます。この際、必ずしもうつに関する診断基準を満たしている必要はありません。一方、躁状態ではなく軽躁状態がみられ、1回以上のうつ状態も現れている場合には双極2型障害となります。