スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

PM2.5や黄砂、タバコも?急性咽頭炎の原因とは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/11/20

咽頭炎の基礎知識

咽頭炎は、ウイルス性によるものがほとんどといわれていますが、喫煙などの生活習慣や黄砂、PM2.5などの環境要因により引き起こされることもあります。咽頭炎の原因について、ドクター監修のもと詳しく解説します。

のどの痛みや咳、違和感などの症状が見られる咽頭炎の原因は、ウイルスや細菌、外的要因などさまざまです。本記事では、咽頭炎の原因とメカニズムについて詳しく解説します。

咽頭炎の主な原因

急にのどが痛くなったり、咳が出たりする急性咽頭炎は、ウイルスや細菌が原因となっているケースがほとんどです。また、煙やガス、黄砂やM2.5といった大気からの刺激が、のどの炎症を引き起こすこともあるといわれています。

ウイルス

咽頭炎でもっとも多いのが、ウイルスにより発症する急性咽頭炎です。大人の場合は、咽頭炎のうち9割がウイルス性によるものといわれています。また、5歳以下の子供が夏場に咽頭炎を発症する場合、ヘルパンギーナと呼ばれるエンテロウイルスが原因となっている夏風邪も疑われます。突然の高熱から始まる症状が現れた場合は、できるだけ早く医師の診察を受けましょう。

ヘルパンギーナについて、詳しくは『ヘルパンギーナの症状とは?大人と子供での症状の違いや初期症状』をご覧ください。

細菌

咽頭炎の中でも注意しなければいけない原因の1つが、溶連菌やインフルエンザ菌などの細菌により引き起こされる咽頭炎です。特に、溶連菌性咽頭炎は全身症状が現れやすく、発疹が出ることもあります。

梅毒やクラミジアなどの咽頭特殊感染症

咽頭炎の中には、クラミジアや梅毒、結核菌、トレピネーマ、ジフテリア菌など特殊な病原体が原因となるケースも報告されています。なかでもクラミジアや梅毒は、オーラルセックスで感染するケースもあります。

タバコや飲酒など生活習慣

喫煙や飲酒といった、のどへの刺激から咽頭部分が炎症している場合は、生活習慣が原因です。慢性咽頭炎の場合、喫煙・飲酒習慣や声を出す仕事などが原因となっている場合もあるので、生活習慣の見直しが必要です。

大気汚染などの外的要因

咽頭炎は、黄砂やPM2.5など大気からの刺激が原因となっている場合もあります。黄砂が多い時期にのどが痛い方や、花粉症の方は、環境が原因となっている可能性があります。

鼻炎

鼻づまりや鼻水などの症状が出る副鼻腔炎(蓄膿症)や、後鼻漏(こうびろう)が原因になることもあります。

咽頭炎の治療方法

咽頭炎は自然治癒することもありますが、原因によっては症状がひどくなりやすく、慢性化や再発をくり返すことも少なくありません。症状がひどい場合や数日経っても治らない場合は、耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。

ウイルス・細菌性咽頭炎の場合

ウイルス性の場合は消炎剤や解熱剤、鎮痛剤の投与が行われます。細菌感染している場合は抗菌薬や抗生剤による治療を、クラミジアや梅毒といった咽頭特殊感染症の場合は、原因微生物に合わせた治療を行います。

環境、生活習慣が原因の場合

生活習慣や環境が原因の咽頭炎の場合は、刺激を与えないためにも、まず喫煙や飲酒を控えましょう。また、うがいをするなど、のどを清潔に保つことも大切な治療の1つです。外的要因による咽頭炎では、抗アレルギー剤や消炎剤が使われることもあります。

咽頭炎の予防法

咽頭炎は原因となるウイルスや細菌感染を避けることが予防の第一歩です。また、喫煙や飲酒習慣のある方はなるべく控えましょう。マスク着用や手洗いうがいに加えて、空気が乾燥しやすい季節は加湿器などの使用が有効です。