スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

枝豆の効果とは

更新日:2016/12/19 公開日:2016/12/09

枝豆の基礎知識

枝豆とは、大豆の成長過程の豆のことをいい、手軽に食べることができ健康に役立つ栄養素を豊富に含んでいます。枝豆に含まれる栄養素がもたらす身体への効果について、管理栄養士の監修の記事で、詳しく解説します。

枝豆はタンパク質を多く含み、さまざまな健康効果がある食材です。枝豆の効果について、詳しく見てみましょう。

枝豆とは

枝豆とは、大豆が成熟する前、つまり未成熟のうちに収穫したものをいいます。その昔、枝成り豆と呼ばれていたことが、その名前の由来ともいわれています。興味深いことに、大豆は豆類ですが、枝豆は野菜類に分類されています。枝豆は、豆と野菜の両方の栄養素を豊富に備えたすぐれた健康食材です。

枝豆の効果について

タンパク質が多く含まれることから畑の肉ともいわれる大豆ですが、枝豆も大豆の成長過程にある豆なのでタンパク質や脂質を多く含んでいます。さらに、枝豆にはビタミン、鉄などのミネラル、食物繊維、などの栄養素が含まれており、毎日の食生活に取り入れることで健康効果が期待できます。

肝機能の働きを促進

枝豆に含まれるメチオニンというアミノ酸やビタミンB群は、アルコールの分解を促進し、肝機能の働きを助けてくる成分です。お酒と一緒に枝豆を食べるなら、二日酔いを抑えてくれることが期待できるかもしれません。お酒のおつまみとして枝豆を食べることは、実はとても理にかなっているといえます。

疲労を回復

枝豆には、オルニチンと呼ばれるアミノ酸が豊富に含まれています。オルニチンには、新陳代謝を促進し、疲労回復を助ける働きがあります。

高血圧の予防

枝豆には、カリウムも豊富に含まれています。カリウムは、ナトリウムの排出を促し利尿作用を促進してくれます。ナトリウムが多くなると、高血圧になりやすいといわれているので、カリウムをとることは、高血圧の予防にもつながります。ただし、枝豆に塩をかけ過ぎてしまうと逆効果になるのでご注意ください。

貧血予防

枝豆には、鉄分が多く含まれているため、貧血の予防にもおすすめです。女性の方であれば、鉄分が不足気味な月経期(生理中)に食べると効果が期待できます。

女性特有の症状を緩和

大豆には、女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンが多く含まれており、大豆と同じ植物である枝豆からも、イソフラボンを摂取することができます。イソフラボンは、女性特有のさまざまな不快な症状を和らげてくれる働きがあります。ただし、イソフラボンを過剰摂取すると、女性ホルモンのバランスを崩す可能性もあるので、注意が必要です。

ヘルスケア本