スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

機能的に問題なければ受診しなくて大丈夫?鼻骨骨折の治療

更新日:2018/06/15 公開日:2016/12/06

顔の骨折

鼻骨骨折は、顔面骨骨折の1つです。交通事故やラグビー、ボクシングなど激しく接触する可能性のあるスポーツで起こることが多いといわれています。鼻骨骨折の症状や原因、治療などについて、ドクター監修の記事で詳しく説明します。

鼻骨骨折について、知っておきたい基礎知識を中心に症状や原因、治療について見てみましょう。

鼻骨骨折とは

鼻骨骨折とは、鼻の部分に強い力が加えられたときにみられる顔面の骨折です。一般的には顔や首の障害とともに発生します。もともと頭蓋骨は1つの骨ではなく、前頭骨、側頭骨、上顎骨、鼻骨などの骨がいくつも集まって構成されていて、鼻骨は鼻中隔とともに鼻の上部分を形づくっています。鼻骨は薄いため、ひじが軽く当たった程度の弱い力でも簡単に折れてしまいます。また、鼻骨だけでなく、鼻骨奥にある両目の間の骨も一緒に折れることがよくあります。鼻篩骨(びしこつ)骨折といって、交通事故でダッシュボードに強く打ち付けられたときなどに起こりやすいようです。

症状について

鼻骨が折れると、ほとんどの場合に鼻血が出て、折れた部分を指で押さえたときに強い痛みを感じます。折れた直後に鼻すじの部分が、くの字型に曲がったり、凹んでいたりするのがわかりますが、徐々に腫れでわからなくなってしまいます。なお、鼻篩骨骨折を併発していると、眼の形が変わったり、涙が鼻に抜けなくなるため涙が止まらなくなったりすることがあります。

原因について

転んだり交通事故のほかに、激しく接触する可能性のスポーツなどの強い力が原因の場合が原因となるようです。

治療について

鼻骨骨折を放置すると、そのままの形でくっついてしまいます。見た目が悪いだけではなく機能的にも、鼻の通りが悪くなることがあるようです。通常は受傷後1~2週間でくっついてくるので、それまでにできるだけ早く折れた骨を元の位置に戻す必要があります。ほとんどは症状から骨折がわかりますが、状況をみるためにCT検査を行ってから治療をはじめます。なお、腫れが強いと、治まるのを待ってから整復する場合もあります。

鼻骨骨折の整復術と注意点

成人の場合、通常は局所麻酔で行われます。ただし、鼻の粘膜は痛みに非常に敏感なため、子供や神経質な人の場合は全身麻酔が必要になることもあります。まず、麻酔薬を浸したガーゼを鼻の中に入れて、30~60分待ちます。十分に麻酔が効いてから、整復鉗子(せいふくかんし)を用いて骨を外から挟んで元の位置に戻します。元の位置に戻ったら、鼻の中にガーゼをパックして、鼻の外側からギプスを当てます。皮膚や粘膜を切ったり縫ったりすることはありません。10~20分ほどで終了し、1時間ほど休んでから帰宅できます。当日は少し痛みが出ることもありますが、痛み止めで対処できる範囲です。3~4日後にパックしたガーゼを抜き、1週間でギプスが外されます。固定されるまでは再骨折しやすいので、強い力が加わらないよう注意が必要です。

治療しないとどうなるか

鼻骨骨折は早期に正しく治療すれば、ほとんど元の状態に戻り、傷も残らないといわれています。しかし、1週間以上経っている骨折は治療しても戻りにくいことがあります。1週間以上経っている骨折は、局所麻酔で戻すには痛みが強いので、入院と全身麻酔が必要になることも少なくありません。受傷から1か月以上経ったような鼻骨骨折の場合は、変形してしまった部分の骨を改めて切りなおす必要があります。手術時間が長くなるとともに、身体への侵襲も大きくなります。鼻骨骨折は発生する頻度の高い骨折です。治療は早ければ早いほどよいでしょう。耳鼻科や形成外科専門医での受診をおすすめします。

参考文献

  1. [1]日本形成外科学会. "鼻骨骨折・鼻篩骨骨折" 一般社団法人 日本形成外科学会.
    http://www.jsprs.or.jp/member/disease/facial_fractures/facial_fractures_02.html(参照2018-06-15)
ヘルスケア本