スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

乳幼児に生じやすい泣き入りひきつけの症状と対処法

更新日:2018/06/20 公開日:2016/12/09

ひきつけの基礎知識

泣き入りひきつけとは、乳幼児が激しく泣くことで生じるひきつけのことです。呼吸の仕方が未熟なために起こるといわれますが、原因ははっきりしていません。泣き入りひきつけの症状と対処法について、ドクター監修の記事で解説します。

乳幼児が大泣きすることで起こるひきつけを、泣き入りひきつけと呼びます。乳幼児は呼吸の仕方が未熟なため、大泣きによって一時的にうまく呼吸ができなくなることで、ひきつけを起こすといわれています。本記事では、乳幼児に多い泣き入りひきつけの症状と対処法について見てみましょう。

泣き入りひきつけの症状と原因

泣き入りひきつけは、3歳までの乳幼児によくみられます。思いどおりにならなかったり、注射針を刺されたりするなど、怒りや痛み、恐怖を感じて激しく泣いた時に多く現れるようです。泣き入りひきつけを起こすと、空気を吸ったまま吐き出せなくなり、突然呼吸が止まります。顔色や唇が紫色になってきて、チアノーゼが見られるようになります。その後、全身が反るようにつっぱり、硬直するなどの症状が現れます。

このような症状はたいてい1分以内に治まるため心配はいりません。空気を吐き出して再び泣き声が出るようになると、顔色もピンク色になり落ち着きます。脳の呼吸中枢が未熟なために起こるといわれていますが、原因ははっきり分かっていません。成長にともなって、およそ4~5歳を過ぎると自然に起こらなくなるようです。

泣き入りひきつけの対処法と予防法

泣き入りひきつけに限らず、けいれんを起こしたら、まずは静かな部屋であおむけに寝かせます。顔は横に向け、衣服やおむつをゆるめ呼吸しやすいようにしましょう。症状をよく観察することも大切です。泣き入りひきつけを起こす前に、予防対策をとることも有効です。たとえば、乳幼児が激しく泣いた時には、気分転換をさせると大泣きするのを防ぐことができます。気分転換には、おもちゃなど好きなものを見せたり、抱っこして他の場所に移動したりするとよいでしょう。また、一人で寝かせると不安になって泣き入りひきつけを起こしやすくなるため、添い寝をするなどで安心させてあげましょう。

対処するときの注意点

泣き入りひきつけを起こしたときは、抱き上げる、揺するなどの行為は子供にとって刺激になってしまうため、あまり効果はありません。子供に突然けいれんが起こると慌ててしまいますが、冷静に対応しましょう。また、けいれん中に舌を噛むのを防ごうと、口の中に指やものを入れるのは危険です。嘔吐を誘発して、吐いたものが気管に入る恐れがあるのでやめましょう。

病院を受診するタイミング

初めてひきつけを起こした場合や、判断がつかずに不安な時などは、発作が落ち着いてから小児科を受診するとよいでしょう。大泣きをしなくても、叩かれたり物にぶつかったりした後に、急に顔面が蒼白になって意識を失い、けいれんが起こる場合もあります。判断が難しい時には病院を受診しましょう。けいれんが長時間続く場合は、なんらかの病気が原因も考えられるので、すぐに救急車を呼びましょう。長引くと、脳に後遺症が残る場合があります。また、発作を頻繁に起こす、意識がはっきりしない、片側の手足だけがつっぱっている、目が一方に寄っている、顔色や唇の色が悪い、身体の動きがおかしいなどの症状がある場合もすぐに病院を受診しましょう。