スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

突然起こる!子供のひきつけの原因とその対処法について

更新日:2018/06/20 公開日:2016/12/09

ひきつけの基礎知識

子供に生じるけいれんをひきつけと呼びます。小児(乳幼児)に多いひきつけには、高熱による熱性けいれんや、大泣きによる泣き入りひきつけなどがあります。ひきつけの原因とその対処法について、ドクター監修の記事で解説します。

ここでは、子供に多く起こるひきつけの原因とその対処法について見てみましょう。

ひきつけの種類・対処法

小児(乳幼児)に多いひきつけの種類と対処法は、以下の通りです。

熱性けいれん

急な発熱や39℃以上の高熱で起こるひきつけを、熱性けいれんといいます。38℃を超える熱を出してから、24時間以内に起こることが多いようです。全身が硬直して手足をつっぱり、ガクガク震えたり、顔色が青くなったり、白目をむいたりしますが、ほとんどの場合は5分以内に治まります。麻痺や意識障害などの後遺症も残りません。熱性けいれんは、乳幼児の脳が未発達なことが原因だといわれており、神経細胞が興奮することで起こることがあります。生後9か月~4歳ころまでは多く発症しますが、成長とともに発作は出なくなります。一度、熱性けいれんを起こすと、3~5割の子供が再発します。熱性けいれんは遺伝的な病気ともいわれており、親や兄弟も子供のころに熱性けいれんを起こした経験があることが多いようです。

子供に熱性けいれんが起こったら、静かな場所に移動させてあおむけに寝かせます。顔は横向きにし、呼吸しやすいように衣服をゆるめましょう。吐きそうな場合は、身体を横にして吐かせます。また、けいれんしていても子供は舌を噛むことはないので、口の中にものや指を入れないようにしましょう。余計に吐き気を促してしまいます。

泣き入りひきつけ

激しく泣くことで起こるひきつけを、泣き入りひきつけといい、3歳までの乳幼児によくみられる症状です。思いどおりにいかないことがあったり、注射針を刺されたりするなど、怒りや恐怖、痛みを感じて大泣きしたときに多く現れるようです。泣き入りひきつけを起こすと、呼吸が突然止まり、唇や顔色は紫色になりチアノーゼが見られ、全身が硬直して手足が棒のようにつっぱるなどの症状が現れます。泣き入りひきつけの原因は、乳幼児は呼吸中枢が未熟で、大泣きによってうまく呼吸できなくなるためといわれています。たいていは1分以内に症状が治まるため心配することはありません。泣き入りひきつけも、3~4歳くらいまで成長すると自然と治まることがほとんどです。

泣き入りひきつけを防ぐには、乳幼児が激しく泣いた時に、おもちゃなど好きなものを見せたり、抱っこして他の場所に移動したりして気分転換をさせましょう。また、添い寝をして安心させるのも効果的といわれています。

てんかん

熱がないのにひきつけを何度もくり返す場合は、てんかんの可能性があります。子供の1%弱がかかるてんかんは、熱性けいれんに次いで多く見られる病気です。てんかんが起こると、突然意識がなくなり、全身が硬直して棒のようになります。また、身体が大きく震え、白目をむいたり、口から泡のようなよだれを出したりします。発作は数分で治まり、その後、眠ってしまうことがあります。他にも、けいれんすることなく動きが止まってボーっとする、うなずくような動きをくり返すなどの発作が起こることもあります。けいれんが長引き、くり返し発作を起こす場合は、けいれん重積が疑われます。けいれんが15分以上続く場合は救急車を呼びましょう。

てんかんは、脳の神経細胞がなんらかの刺激を受けて興奮することで起こることがあります。そのため、脳波検査をすると異常が見られることが多いようです。てんかんの種類は多く、小児科の中でも神経の専門医が経過を見ることになります。てんかんと診断されたら、しばらくはけいれんを予防する抗けいれん剤を服用します。

激しい脱水症状によるひきつけ

大人に比べて乳幼児は体内の水分比率が非常に高く、嘔吐や下痢をくり返すと脱水症状を起こしがちです。脱水症状を起こすと、唇がカサカサになり、元気がなくなるなどの症状が現れます。さらに脱水が進むと、意識がはっきりしなくなりひきつけを起こすこともあります。一般に体重の10%以上の水分が失われると脱水症状が起こるとされています。こまめな水分補給を心がけて、脱水させないように注意しましょう。

脳炎・髄膜炎

ウイルスや菌に感染して脳炎や髄膜炎を発症することで、ひきつけが現れることもあります。脳炎や髄膜炎の場合は、高熱や嘔吐が見られ、ひきつけが5分以上続きます。熱性けいれんのように高熱が出ますが、脳炎や髄膜炎では、高熱が2~3日続いてからけいれんを起こすことが多いようです。インフルエンザウイルスが原因で脳炎を起こした場合は、死亡することもあります。予防のために、はしかや百日咳、インフルエンザ、肺炎球菌などのワクチンを接種しておくと感染しても軽い症状で済み、合併症も防げます。