スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

メチルエルゴメトリンマレイン酸塩

更新日:2017/03/29 公開日:2016/12/22

泌尿生殖器官及び肛門用薬

薬の成分メチルエルゴメトリンマレイン酸塩の効能・効果、副作用、使用上の注意を、薬剤師による執筆・監修で解説します。

子宮平滑筋に作用して分娩後などの子宮を収縮させ、子宮血管を圧迫して止血効果を示します。子宮の平滑筋を収縮し、分娩後の出血量を減少させます。

効能・効果

この成分は、胎盤娩出後、子宮復古不全、流産、人工妊娠中絶における子宮収縮の促進、子宮出血の予防や治療に用いられます。

副作用

胸痛、胸部圧迫感、血圧上昇、血圧低下、頻脈、徐脈、動悸、発疹などの症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。息苦しい、全身のかゆみをともなった発赤、眼および口の周囲の腫れ、発疹、胸の痛み、胸の圧迫感、冷汗、失神、めまい、胸の痛みなどの症状があらわれた場合には、服用を中止し、すぐに医師の診察を受けてください。また、これ以外の症状でも、気になる症状が現れた場合にはすぐに医師または薬剤師に相談してください。

使用上の注意

グレープフルーツジュースを含む飲食物は、この成分の作用を強めるおそれがあるため飲まないでください。すでに飲んでいる場合は医師または薬剤師に相談してください。治療を受ける症状により適宜増減されますので、必ず指示された服用方法を守りましょう。妊婦または妊娠している可能性のある方は服用しないでください。子宮収縮作用により子宮内の胎児へ悪影響、流産のおそれがあります。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

ヘルスケア本