スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ノロウイルスが流行する時期は?

更新日:2018/05/01 公開日:2017/02/27

ノロウイルスの基礎知識

ノロウイルスは、1年を通して感染する可能性が考えられますが、中でも注意しておくべき時期があります。感染が流行しやすい時期や予防のために大切なこと、同時期に流行しやすい感染症について、ドクター監修の記事で解説します。

ノロウイルスが流行しやすい時期を知っておけば、対策も行いやすくなります。特に注意が必要なのは、いつの時期になるのでしょうか。ノロウイルスが流行りやすい時期や、同時期に流行る感染症について解説します。

ノロウイルス感染症が流行する時期は?

日本国内におけるノロウイルス感染症の発生状況については、通年見られますが、特に11月から増加し、12月から翌年の1月にかけてピークを迎えます。そのため、冬場に注意したい感染症の1つだといえるでしょう。

ノロウイルス感染症と同じ時期に流行する感染症とは

ノロウイルスとほとんど同時期に流行する感染症には、インフルエンザ感染症やRSウイルス感染症などがあります。また、少し時期はズレますが、2~4月にかけては、ノロウイルスと同様の感染性胃腸炎の症状が見られるロタウイルスも流行します。

いずれも、ウイルスによる感染で、接触感染や飛沫感染(ひまつかんせん)により感染するのが特徴です。なお、接触感染は汚染物を口などに含むこと、飛沫感染は排泄物やくしゃみなどのウイルスが含まれたものを吸い込むことでの感染を指します。

ノロウイルスは小腸で増殖すると考えられるため、せきやくしゃみで感染することは考えにくいですが、感染者の嘔吐物や排泄物にはノロウイルスが含まれているため、処理には十分に注意しましょう。

このように、冬にウイルスによる感染率が高まるのは、ウイルスが生存するための温度や湿度が適しているためです。また、湿度が低く空気が乾燥するため、夏場よりも空気中でウイルスが拡散されやすくなり、感染へと繋がってしまいます。

ノロウイルス感染症になるとどのような症状が出るのか

ノロウイルスの主な症状は、嘔吐と下痢です。人によっては発熱が見られることもあります。一般的にはやや軽度な症状ではありますが、高齢者など抵抗力が弱まっている場合は重症化する恐れもあるので、注意が必要です。

ノロウイルス感染症には治療薬がない?

ノロウイルスを治療するにあたって、直接ウイルスを撃退できるような薬はありません。そのため治療では、水分補給や栄養補給など、ノロウイルス感染症にともなう脱水症状の他、症状緩和のために必要に応じて薬による治療が行われます。

詳しくは『ノロウイルスの予防薬や治療薬について』で解説しています。

ノロウイルス感染症の予防のために

ノロウイルス感染症の原因は、ノロウイルスに汚染されたものを食べることと、感染者を介して汚染されたものを吸ったり、口にしたりすることです。また、汚染された食べ物を調理した器具からも感染する恐れがあります。

このようにさまざまな経路を経て感染する可能性があるうえに、感染力も強いノロウイルスへの対処としては、消毒などを十分に行うことが大切です。まずは、二枚貝などの感染の恐れがある食べ物は十分に加熱すること、調理器具など感染経路となるものや場所は次亜塩素酸ナトリウムを使ってしっかりと消毒しましょう。なお、ウイルスの付着を減らすために、こまめに手を洗うことも大切です。

詳しくは『ノロウイルスの予防法について』で解説しています。