スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

溶連菌感染症の症状・原因・治療法について

更新日:2017/01/30 公開日:2017/01/30

溶連菌感染症の基礎知識

溶連菌感染症は、A群β溶血性連鎖球菌による感染症で、日常的によく見られるのは、のどへの感染による咽頭炎です。ここでは、溶連菌による咽頭炎の症状や合併症、治療の際の注意点などをドクターの監修のもと解説していきます。

溶連菌感染症は、子供がかかりやすい感染症のひとつですが、具体的にはどんな病気なのでしょうか。ここでは、溶連菌感染症の原因、症状、合併症、治療法などを網羅的にご紹介していきます。

溶連菌感染症とは

溶連菌感染症は、溶血性連鎖球菌(溶連菌)による感染症の総称です。溶血性連鎖球菌には、さまざまな種類のものがありますが、溶連菌感染症のほとんどは、A群β溶血性連鎖球菌によってもたらされます。

この菌は、粘膜や皮膚をはじめ、いろいろな場所に感染して、さまざまな病気をもたらします。日常的に問題になりやすいのは、のどの粘膜へ感染による咽頭炎で、一般的に溶連菌感染症というと、咽頭炎(A群溶血性連鎖球菌咽頭炎)を指すことが多いようです。

好発時期や感染経路について

かかりやすい人

溶連菌感染症は、どの年代の人でも感染する可能性がありますが、特に学童期の子供がかかりやすい傾向にあります。

かかりやすい時期

一年を通してどの時期でも感染する可能性がありますが、のどへの感染が特に多くなるは12月~3月とされています。

感染経路

溶連菌感染症の主な感染経路は、感染している人の咳やくしゃみで放出されるしぶきを吸い込むことによる飛沫感染と、菌が付着した手で口元や鼻などに触れてしまうことによる接触感染です。

溶連菌感染症の症状

溶連菌がのどの粘膜に感染すると、2~5日ほどの潜伏期間を経て、次のような症状が現れます。

発熱

38~39度の高熱が出ます。

のどの症状

のどが赤く腫れ上がり、痛みます。

イチゴ舌

舌にイチゴのような赤いブツブツができます。

皮膚の症状

溶連菌が出す毒素に対する免疫がない場合は、発熱して1~2日すると、顔や体にかゆみをともなう小さな赤い発疹が多数現れることがあり、これを猩紅熱(しょうこうねつ)と言います。また、熱などの症状が治まったあと、発疹が出た場所の皮がめくれてきたりもします。

溶連菌感染症の合併症

溶連菌感染症は、抗菌薬を飲めば2~3日ほどで症状が治まります。しかし、この段階では、まだ完全に溶連菌を退治しきれていないため、薬の服用を勝手にやめると合併症を発症することがあります。溶連菌感染症の主な合併症には、次のものがあります。

リウマチ熱

全身に炎症反応が起こり、39度以上の高熱、関節の痛みなどが現れ、約半数には心炎も見られます。適切な治療を受けないと心臓の弁に障害が残る恐れがあります。

急性糸球体腎炎

腎臓の糸球体に炎症が起こり、突然、血尿やタンパク尿、尿の減少、むくみ、高血圧などが現れます。

肺炎

溶連菌が肺に感染することで起こります。肺炎になると、38度以上の高熱、咳やたん、胸の痛み、息切れ、呼吸困難などの症状が現れ、重症化すると命を落とすこともあります。

溶連菌感染症の治療法

抗菌薬が有効

溶連菌感染症には、ペニシリン系薬などの抗菌薬が有効です。薬の種類によっても多少異なりますが、溶連菌を完全に退治するためには、抗菌薬を少なくとも10日間は服用し続ける必要があります。

薬の服用期間を厳守すること

溶連菌感染症の治療の目的は、合併症を予防することです。症状が治まったからといって油断せず、医師にいわれた期間は必ず薬の服用を続けましょう。

食事は消化がよいものを

溶連菌感染症になると、のどが激しく痛むため、食欲がなくなりがちです。食事は子供が好きなもので、のどごしがよく、消化しやすいものにしてあげましょう。

刺激の強い食べ物は控える

辛いもの、すっぱいもの、熱いもの、冷たすぎるものは、のどを刺激するので控えましょう。

しっかり水分補給を

食事の工夫をしても、どうして食べられないようなら、無理に食べさせる必要はありません。ただし、脱水症状に陥らないように、こまめに水分補給だけはするようにしましょう。

今すぐ読みたい