スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

溶連菌感染症の感染力と感染経路

更新日:2017/01/30 公開日:2017/01/30

溶連菌感染症の基礎知識

溶連菌感染症は、子供ののどに感染しやすい病気で、咽頭炎や扁桃炎などを引き起こす病気です。ここでは、この溶連菌感染症の感染力や感染経路、溶連菌感染症を予防する方法などをドクターの監修のもとご紹介していきます。

溶連菌感染症は、子供がかかりやすい感染症のひとつです。ここでは、溶連菌感染症の感染力や感染経路についてお話していきます。

溶連菌感染症とは

溶連菌って何?

溶連菌とは、溶血性連鎖球菌の略称です。この菌には、いくつかの種類がありますが、その中でも、A群溶血性連鎖球菌の感染によって起こる病気を総称して、溶連菌感染症と言います。

子供ののどに感染しやすい

A群溶血性連鎖球菌は、体の至る場所に侵入し、皮膚の感染症、中耳炎、肺炎、化膿性関節炎、骨髄炎、髄膜炎など、さまざまな病気を引き起こします。しかし、もっとも多く見られるのは、のどへの感染(咽頭炎)で、特に学童期の子供がかかりやすい傾向があります。

溶連菌感染症(A群溶血性連鎖球菌咽頭炎)の症状

溶連菌に感染すると、2~5日ほどの潜伏期間を経て、38度以上の発熱とともに、のどの痛み、イチゴ舌(舌にイチゴのような赤いブツブツができる)などの症状が現れます。

溶連菌感染症の感染力

溶連菌に感染しやすい時期

溶連菌感染症は、1年中どの時期でもかかる可能性がありますが、特に冬場と、春から初夏にかけて好発します。

溶連菌感染症は合併症が怖い

溶連菌による咽頭炎そのものは、それほど恐ろしい病気ではなく、抗菌薬を飲めば、2~3日で症状が改善します。しかし、適切な治療をせず、確実に溶連菌を退治しないでいると、急性糸球体腎炎やリウマチ熱など重篤な合併症を発症する危険性があります。

溶連菌感染症は再感染する危険性が

A群溶血性連鎖球菌には、さまざまタイプがあるので、一度かかっても、くり返し感染する可能性があり、咽頭炎を発症した子供の10~20%が1年以内に再感染するといわれています。また、子供だけでなく、抵抗力の弱い妊婦をはじめ、大人にも感染することがあるため、油断は禁物です。

溶連菌感染症の感染経路

溶連菌の主な感染経路は、感染している人の咳やくしゃみ、会話などで飛び散ったしぶきを直接吸い込むことが原因の飛沫感染と、溶連菌が付着した手で、口や鼻などに触れることが原因の接触感染です。しかし、小さな子供の場合は、感染した子供が舐めたおもちゃなどから感染する可能性もあるため、注意が必要です。

溶連菌感染症の予防法

溶連菌感染症を予防するには、次のことを心がけましょう。

うがい・手洗いの徹底

外出から戻ったら、しっかりとうがい・手洗いをするようにしましょう。

マスクの着用

飛沫感染を防ぐためには、マスクの着用が有効です。

家族内での感染に注意

溶連菌感染症は、家族内での感染が多い病気です。家族内に感染者がいる場合は、食器の共有を控えましょう。また、兄弟や姉妹への感染がもっとも多いので、一緒に検査を受けさせることをおすすめします。