スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

溶連菌の潜伏期間と注意すべき合併症について

更新日:2017/01/30 公開日:2017/01/30

溶連菌感染症の基礎知識

溶連菌感染症には潜伏期間があるので、感染してもすぐに発症するわけではありません。ここでは、溶連菌感染症の潜伏期間がどのくらいの長さなのかや、溶連菌感染症にかかったときに注意したい合併症についてドクターの監修のもとお話していきます。

溶連菌感染症の潜伏期間は、どのくらいあるのでしょうか。また、潜伏期間中に人にうつしてしまうことはあるのでしょうか。ここでは、そんな疑問にお答えしていきます。

溶連菌感染症の潜伏期間

溶連菌感染症にかかると、38度以上の高熱、のどの痛み、イチゴ舌(舌に赤いブツブツができる)などの症状が現れますが、こうした症状は、感染してすぐに現れるわけではなく、2~5日間ほどの潜伏期間があります。潜伏期間に、他の人にうつしてしまう危険性があるかどうかは不明とされており、はっきりしたことはわかりません。ただし、溶連菌感染症の感染力がもっとも強くなるのは、高熱が出ている期間中とされています。

溶連菌感染症の合併症

溶連菌感染症は、抗菌薬を服用すれば、比較的に早く症状が改善します。しかし、そこで勝手に薬の服用をやめてしまうと、重大な合併症を発症する危険性があるため、処方された薬は、医師に指示された期間服用し続けることが重要です。合併症は、健康な大人でも発症することがありますが、抵抗力の低い子供や高齢者は、特にかかりやすいので注意しましょう。溶連菌感染症の主な合併症には、次のものがあります。

リウマチ熱

溶連菌感染症の2~3週間後に発生することがある合併症で、溶連菌に対する免疫反応が誤作動を起こし、自分の関節や心筋などを攻撃することで起こると考えられています。39度以上の発熱や移動性の強い関節炎のほか、約半数には心臓の炎症が見られ、適切な治療を行わないと、心臓の弁が障害され、むくみや倦怠感、頻脈など、心不全の症状が現れるようになります。

急性糸球体腎炎

溶連菌感染後、3~4週後に発生することがある合併症で、突然、血尿やタンパク尿、尿の量が減る、むくみ、高血圧などの症状が現れます。一般的に急性期をすぎると治るのが早く、予後も良好とされていますが、ごくまれに腎機能障害が残ることがあります。

肺炎

肺炎は、肺の中でガス交換(酸素と二酸化炭素の交換)を行う肺胞に、病原体が感染して炎症を起こした状態です。肺炎になると、38度以上の高熱、全身倦怠感、食欲不振などの全身症状のほか、胸の痛み、咳、たん、息切れ、呼吸困難などの症状が現れ、重症化すると死亡することもあります。

髄膜炎

髄膜炎とは、脳や脊髄を保護する髄膜という膜状の組織が病原体に感染し、急性の炎症を起こした状態のことです。主な症状は、持続的な激しい頭痛、悪寒、発熱、首の硬直などですが、進行すると、意識障害やけいれんが何度も起こり、危険な状態に陥ることがあります。

敗血症

敗血症は、感染症の病原体が血液中に入り込み、全身に炎症反応が現れている状態のことです。悪寒やふるえをともなう38度以上の高熱、もしくは36度以下の低体温、心拍数や呼吸数の増加、血圧の低下、意識障害などが起こり、重症化すると、命を落とすこともあります。

溶連菌感染症回復後の注意点

溶連菌感染症は、A群β溶血性連鎖球菌によって起こる感染症ですが、この菌には、数多くの種類があります。このため、一度感染して免疫ができても、他の種類のA群β溶血性連鎖球菌に感染する可能性があり、何度もくり返しかかることがあります。

今すぐ読みたい