スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

杜仲茶のダイエット効果とは? ポイントをおさえた飲み方など

更新日:2017/04/06 公開日:2016/11/30

お茶・ハーブティー

杜仲茶(とちゅうちゃ)というお茶を飲むことで痩せることができる、新しいダイエット方法が注目を浴びています。他のお茶との違いや、より効果的な飲み方、注意事項などをドクター監修の記事でご紹介します。

飲むだけで痩せるダイエットといえば、これまでは専用のダイエットドリンクを食事の代わりに置き換えて飲む、という方法が一般的でした。しかし、このダイエット方法では食事内容が制限されることや、ダイエットドリンクを飲むのをやめるとリバウンドしてしまうといったデメリットがあります。

今回ご紹介する杜仲茶は、食事の代わりとして飲むのではなく、普段の飲料を杜仲茶にすることによってダイエット効果が期待できる、というものです。

杜仲茶(とちゅうちゃ)とは?

まずは杜仲茶の概要について学びましょう。

木の葉を煎じたお茶

そもそも杜仲茶とは、杜仲という種目の木の葉を煎じて作るお茶のことを指します。もともと杜仲は中国で五大漢方薬のひとつとして数えられるほど有名な植物で、漢方としては鎮痛や強壮、利尿などの効果があると考えられています。

日本には奈良時代から平安時代にかけて伝わったという説があり、20世紀後半に長野県でお茶として飲用するようになったのが、杜仲茶の発祥とされています。

妊婦や子供も飲める

杜仲茶はカフェインを含んでいません。このため成人だけでなく、お年寄りや子供、妊婦やカフェイン過敏症(およびカフェイン中毒)といった方でも安心して飲むことができます。

味も悪くなく飲みやすい

味は商品や淹れ方にもよりますが、中国茶ということもありプーアル茶や烏龍茶に近い感想抱く方が多いです。多少のくせはありますが、ものすごく苦い健康飲料と感じる人は少ないので、気軽にチャレンジしてみることをおすすめします。紅茶やコーヒーのように、蜂蜜やレモンで味つけをして飲む方法もあります。

杜仲茶ダイエットのメカニズム

杜仲茶の成分には、減量に効果があるとされる成分が含まれています。

メタボリックシンドロームを予防する

メタボリックシンドロームになりやすい食事と杜仲茶を与えたラットと、杜仲茶を与えず同様の食事のみを与えたラットとでは、中性脂肪値など肥満に関する数値に差が出たという実験結果が発表されています。人間の身体においても、杜仲茶にはメタボリックシンドロームの予防効果が期待できるとされています。

むくみの対策効果も

杜仲茶のピロレジノールやグルサイドといった成分は、利尿作用があります。体内の余分な水分や塩分を排出することにより、むくみの改善につながると考えられています。

飲むのとあわせて行いたい行動

杜仲茶を飲んでいるからといって、他のことはなにも気にしなくていいというわけではありません。以下のようなことに気をつけて飲めば、より杜仲茶ダイエットの効果が期待できるでしょう。

自分にあった濃さを見つける

杜仲茶の味は、日本人がよく口にする烏龍茶や緑茶とはまた違うものです。決してものすごく苦いという味ではありませんが、好みに合わない人の場合は、パッケージなどに書いてある分量よりも薄くなるようにお茶を淹れたり、はちみつやレモン汁などを混ぜたりして飲みやすくすることをおすすめします。

当然お茶の濃度が下がれば期待される効果も薄くなりますが、長く続けることを優先してください。

アイスよりホットで飲む

冷たい飲み物は身体を冷やしてしまうので、なるべく避けてください。温かい飲み物を飲むことにより、一時的ですが体温と代謝が上がるため、エネルギーの消費量もアップすると考えられます。

杜仲茶ダイエットで控えたい行動

上にあげたようなことが推奨されるのと反対に、杜仲茶ダイエットの最中は以下のような行動は控えましょう。

食べ過ぎ、糖質過多

杜仲茶で痩せるための働きかけが行われていても、それ以上に糖質過多、または飲み食いしていては効果が弱まってしまいます。もし食べ過ぎた場合は前後の食事量を調節したり、運動を行ったりしてフォローするようにしてください。

一度に大量に飲む

週に一度だけ、食事の代わりに何リットルも大量に飲んで空腹を満たすようなダイエット方法ではなく、普段の食事や水分補給で口にするものとして、毎日こまめに飲むようにしてください。

また、杜仲茶にはミネラルなどの成分も含まれています。腎臓にトラブルを抱えている場合、一度に大量の杜仲茶を飲むとカリウムの過剰摂取になり、副作用として吐き気やしびれ、脱力感といった高カリウム血症を起こす心配もあります。杜仲茶ダイエットでは、短期集中型ではなく、長期的に飲用を続けることが大切です。

まとめ

飲み物の置き換えダイエットは運動を必要としないことや、食事内容を大きく変える必要もないため、続けやすい減量方法と考えられています。杜仲茶を飲みつつ食生活などにも少し気を配るようにすれば、より健康的な減量の実現が期待できるでしょう。

ヘルスケア本