スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

プール熱(咽頭結膜熱)の潜伏期間はどのくらい?

更新日:2017/03/30 公開日:2017/03/27

プール熱(咽頭結膜熱)の基礎知識

夏期によくみられる「プール熱(咽頭結膜熱)」は、アデノウイルスというウイルスによって引き起こされる感染症のひとつです。どのくらいの潜伏期間があり、どのような経路で感染するのかなどをドクター監修の記事でお伝えします。

咽頭炎と結膜炎、そして発熱の3つが主な症状のプール熱は、子供がかかりやすい感染症として知られています。家族や身近な人が発症すると、自分も感染しているのではないかと心配になることもあるでしょう。そのようなときに知っておきたい潜伏期間や主な感染経路、感染した後の治療法などについて解説します。

プール熱(咽頭結膜熱)の潜伏期間

プール熱の病原体である「アデノウイルス」が体内に侵入してから、諸症状が生じるまでの潜伏期間は約5日~7日あるといわれています。プール熱によって起こる症状は、のどの腫れや咽頭炎による痛み、目の充血や目やになどが生じる結膜炎、38~40度近くの発熱といった3つの主症状に加え、腹痛や下痢などを引き起こすこともあります。症状は発症してから約1~2週間で治まるといわれていますが、まれに重症化して肺炎を合併することもあるため、注意が必要な病気です。

プール熱(咽頭結膜熱)の感染経路

プール熱の主な感染経路は、「飛沫感染」と「接触感染」の2つです。

飛沫感染

プール熱に感染した人が咳やくしゃみをしたときに、ウイルスを含む唾液や鼻水が飛び散ります。近くにいるとその飛沫によって感染する可能性があります。

接触感染

感染者に直接手や指が触れるだけでなく、感染者が手にしたタオルやドアノブなどの触れたものを介して感染するといわれています。

このような感染経路からウイルスが自分の手指に付着し、その手で目や鼻などを触ることで結膜や鼻をはじめとする上気道からウイルスが侵入して、プール熱のさまざまな症状を引き起こすと考えられています。

咽頭結膜熱は、プールの水を介して感染することがあるため「プール熱」といわれるようになりました。このことから、ウイルスに感染した人がプールやお風呂などに入ることで水が汚染され、その汚染された水に浸かることで結膜や上気道から直接ウイルスが侵入することも感染経路のひとつとされています。

症状が出ている間は会社や学校は休むべきか

プール熱は感染力の強い病気のひとつといわれています。そのため、学校保健安全法でプール熱は第二種伝染病に種別されており、プール熱によくみられる咽頭炎や結膜炎、発熱などの主要な症状が治まった後2日間までは登校しないよう規定されています。ただ、アデノウイルスにもさまざまな種類があるため、感染の被害がないと判断されれば、出席停止とならないケースもあります。

大人の場合、学校保健安全法のような出勤に関する規定はありません。しかし、ものを介してヒトからヒトへ感染が拡大するおそれがあるため、医療機関でプール熱と診断されたのであれば、出勤だけでなく外出も控えるのが望ましいとされています。

プール熱(咽頭結膜熱)の治療法、治療期間

病院へ行くと周りの環境をヒアリングされ、現れている症状などを見て、総合的にプール熱かどうかを判断されます。これらの状況だけでは判断が難しい場合、血液検査や綿棒で粘膜を採取してアデノウイルスがいるかどうかを見る迅速検査などを行うことがあります。

これらによってプール熱と診断されると、症状に合わせた対症療法を行っていきます。プール熱の病原体であるアデノウイルスに直接働きかける抗ウイルス薬は今のところないため、これといった特別な治療法はなく、現れた症状に対して暫定的な治療を行うことになるのです。

・高熱や発熱による痛み

38~40度近い高熱を生じさせることがあるため、症状がつらい場合、解熱鎮痛剤の内服薬や座薬を用いて症状を緩和させることがあります。

・目の症状

目の充血や痛み、目やになどの症状が現れている場合、2次感染を予防するために抗生剤の点眼薬を処方されることがあります。また、炎症がひどい場合はステロイド剤の点眼薬で症状を抑えることもあります。

・脱水や食事

発熱などが関係して脱水しやすいといわれていますので、こまめな水分補給が大切です。また、のどに痛みを感じることもあり、食欲不振になるケースがあります。そのような場合は、ごはんよりもおかゆや雑炊のような、食感が柔らかく食事しやすい形状に工夫することで食事をとりやすくなります。場合によっては、点滴で栄養を補給するケースもありますので、どうしても食事ができないときはドクターに相談しましょう。

治療期間については決まりがありませんが、プール熱の症状が続くのは症状が現れ始めてから3~5日程度といわれており、発症から1~2週間ほどで回復していくことが多いでしょう。それ以上症状が続くようであれば別の病気を合併している可能性が考えられますので、すみやかに医療機関を受診しましょう。