スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

はやり目(流行性角結膜炎)とは

更新日:2017/03/30 公開日:2017/03/27

結膜炎の基礎知識

はやり目(流行性角結膜炎)は、アデノウイルスの感染を原因とする結膜炎です。大量の目やにや充血など症状が強く出ることもあり、周りへの感染力が高い目の病気です。ドクター監修の記事ではやり目(流行角結膜炎)について解説します。

目の病気である結膜炎には、感染力の強い「はやり目」と呼ばれる病気があります。はやり目は別名「流行性角結膜炎(りゅうこうせいかくけつまくえん)」と呼ばれる、ウイルス性結膜炎の一種です。

はやり目(流行性角結膜炎)とは

はやり目(流行性角結膜炎)は、ウイルス性結膜炎の一種で、アデノウイルス8型、19型、37型が感染することで発症する結膜炎です。これらのウイルスに感染した後、およそ1~2週間遅れてさまざまな症状が現れることが多いといわれています。非常に伝染力の高い結膜炎とされており、他人とタオルや洗面器の共有など、人や物を介して感染するとされています。

はやり目(流行性角結膜炎)の症状

発症すると大量の「めやに」が出るのが特徴です。あまりに多すぎて起床時に目が開かないこともある他、充血やまぶたの腫れ、むくみ、涙が出る、といった症状があげられます。また、症状が出始めてから10日ほどしてから、黒目の部分に点状表層角膜炎(てんじょうひょうそうかくまくえん)と呼ばれる小さな濁りが出てくる場合があります。このような場合には、かすみやまぶしさを感じることがあります。アデノウイルスの感染による結膜炎が流行性角結膜炎と呼ばれるのは、このような角膜の炎症をともなうこともあるためです。

症状が強い場合は、まぶたの裏に白い膜ができてしまうケースも考えられます。これは偽膜と呼ばれるもので、結膜と癒着を引き起こすこともあります。炎症が強い場合、角膜びらんをともなうことがあり、目に異物感が残ったり、痛みが増したりすることもあります。

はやり目(流行性角結膜炎)は、通常まず片方の目に発症し、4〜5日遅れてもう片方の目にも症状が現れてきます。症状のピークは発症から1週間前後だとされています。その後、症状は徐々に軽くなっていき、およそ2〜3週間で治ることが多いといわれています。

はやり目(流行性角結膜炎)の原因

アデノウイルス8型、19型、37型を原因とします。伝染力が強いため、人から人へと感染していくのが一般的だといわれています。ハンカチ、タオル、洗面用具などを共有していたり、電車のつり革や外出先のドアノブや手すり、椅子の背もたれ、テーブルなどさまざまな場所に触れたりしたときに、そこに付着していたウイルスが手などにつく可能性があります。そして、それらを触った手で、自身の目元や顔を触り発症するというケースが多いとされています。夏に流行することが多く、発症はさまざまな年齢にみられますが、特に1~5歳の乳幼児が感染しやすいといわれています。

はやり目(流行性角結膜炎)の治療

抗ウイルス薬はないとされるため、対症療法を行いつつ、自身の体内にウイルスへの抗体がつくられるのを待つのが一般的です。体調不良や寝不足、栄養不足などの状態がつづいてしまうと、身体の免疫機能が鈍くなってしまい、完治まで時間が掛かる可能性もあります。なるべく安静にし、可能な限り休養をとるようにしましょう。

また、伝染力が強い病気のため二次感染を避けるためにも、人混みへの外出は避けるように気をつけることも大切です。学校保健安全法により、ドクターが感染力がなくなったと判断するまでは学校に登校することはできません。会社などの場合このような決まりは定められていないことがありますが、やはり伝染を避けるために会社を休むなど、出社しないようにすることが推奨されます。

はやり目(流行性角結膜炎)の予防

はやり目は感染力が強い病気です。しかし、日常生活で注意することで、ある程度は予防できる病気です。以下の点をおさえてしっかり予防するようにしましょう。

手は常に清潔に保つ

特に電車のつり革やドアノブなど、人が手を触れやすい場所に触ったあとは、必ず石けんで手を洗うようにしましょう。洗わないままに目をこすったり、顔を触ったりすることは避けましょう。

他人と共有しない

人だけではなく、物を経由してもウイルスが感染すると考えられています。特にタオルやハンカチ、目薬や洗面用具などは一人ひとり分けるようにしましょう。また、相手が結膜炎と似たような症状が出ている場合、食器を共有することも避けた方がよいでしょう。コップや茶碗を共有することは、それだけ感染するリスクが高まると考えられます。

家族が感染してしまったら

二次感染しやすい状況なので、ひときわ注意を払う必要があります。前述のとおり、患者だけではなく家族も、流水で石けんを使用しての手洗いを心がけましょう。ドアノブや便座などよく触れる場所はこまめに除菌するなどの対策をすることも大切です。

また、感染予防の点からは食器の共有はおすすめできません。タオルや洗面用具なども、ほかの人とは分けて使うようにしましょう。入浴する際は、患者は家族の最後に入るようにしましょう。

目やにが出るときは、ハンカチやタオルではなく、ティッシュなどの使い捨てのもので拭きます。使用後はすぐに捨てるようにしましょう。