スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

アレルギー性結膜炎とは

更新日:2017/03/30 公開日:2017/03/27

結膜炎の基礎知識

結膜炎の中にはアレルゲンを原因とするものがあります。感染性結膜炎と違い、治療や完治といった概念が存在しないとされているため予防をする必要があります。ドクター監修の記事で、アレルギー性結膜炎について解説します。

目の病気である「結膜炎」は2種類に大別できます。細菌やウイルスの感染を原因とする「感染性結膜炎(かんせんせいけつまくえん)」と、アレルギーが原因となる「アレルギー性結膜炎」です。ここではアレルギー性結膜炎に関して詳しく説明します。

アレルギー性結膜炎とは

感染性結膜炎がウイルスや細菌に感染して引き起こされる結膜炎とされるのに対して、アレルギー性結膜炎は花粉、ハウスダストといったアレルゲンを原因として引き起こす結膜炎となります。感染性結膜炎と違い、人にうつったりすることはありませんが、アレルギー反応を引き起こす物質から離れるようにしない限り、治癒を期待できることはなく、くりかえし発症することになります。

アレルギー性結膜炎の症状

この病気は、アレルゲンが目の粘膜から侵入することで結膜が炎症してしまう病気です。通常の結膜炎と同じように腫れたり、充血したり、めやにや涙が出たりといった症状が起こり、強いかゆみをともなうこともあるとされています。それ以外にも目の異物感や、まぶたの裏の粘膜にブツブツとした乳頭と呼ばれるものができたり、白目がむんだりすることもあり、ひどくなるとゼリー状のようになってしまうこともあります。また、花粉症の場合は、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状もあらわれることもあります。

アレルギー性結膜炎の原因

原因はアレルギー反応が引き起こされるアレルゲンという物質です。アレルギー反応は起こる人とそうでない人が存在します。これは人に備わっている免疫機能に、それぞれ差があるためとされています。免疫機能は、身体に侵入してくる異物を追い出そうとする働きです。通常は異物として認識しないものを異物として判断してしまうことによって過剰な免疫反応が出てしまいます。この反応がアレルギー反応と呼ばれるものです。

アレルゲンは人によって違います。アレルゲンとして代表的なものに花粉があります。他にもハウスダスト、ペットの毛、カビやコンタクトレンズの汚れなどにアレルギー反応を起こす人もいます。この中でも花粉のように、ある時期に限定して発症するものを「季節性アレルギー性結膜炎」、季節に関係なく発症するものを「通年性アレルギー性結膜炎」と呼んで区別されています。

他にも、子供に発症することの多い「春季カタル」などがあり、アレルギー性結膜炎にはさまざまな原因が存在します。

アレルギー性結膜炎の治療

症状の度合いにもよりますが、季節性アレルギー性結膜炎には「抗アレルギー点眼薬」を使用することが一般的です。アレルギー反応をおさえる効果があるとされ、副作用の可能性も低く、安全に使用できるとされています。

しかし、花粉の量が多いときなどは、抗アレルギー点眼薬では効果が期待できないこともあります。そういったときは、ドクターの指示のもと「ステロイド点眼薬」を追加で使用します。ステロイド点眼薬は、高い効果を期待できるとされていますが、眼圧が高くなるという副作用の可能性があるため、長期間にわたって使用する場合は定期的に通院するようにして、眼圧のチェックを受けるようにしましょう。

もし、眼圧があがってしまっても、点眼薬の使用を中止や回数を減らすなどの対処をすれば、高くなった眼圧はもとに戻るとされています。いずれもドクターの指示のもと、用量、用法を守るようにしましょう。効果が薄いと感じる場合にも、決して自己判断で使用量を増やさないように注意しましょう。

アレルギー性結膜炎の予防

アレルギー反応を原因とするアレルギー性結膜炎の予防は、アレルギー反応のもととなるアレルゲンを遠ざけることが重要です。通年性アレルギー性結膜炎の場合は、とにかくアレルゲンを遠ざけて生活するように工夫しなければなりません。

花粉を原因とする場合

メガネやマスクといった花粉の防塵対策や、花粉が発生する少し前から、抗アレルギー点眼薬を使用し始めるといった対策が有効とされています。

ハウスダストを原因とする場合

部屋を清潔に保つよう掃除をこまめに行い、布団もなるべく天日干しを頻繁に行うようにしてダニの発生を防止するようにしましょう。空気清浄機の活用なども有効と考えられています。

コンタクトレンズが原因となる場合

コンタクトレンズの汚れもアレルギー反応を引き起こす要因となります。コンタクトレンズはしっかり洗浄し、雑菌やゴミが付着しないよう管理しましょう。また、使用期限が切れたコンタクトレンズは使用しないようにしてください。1日使い捨てタイプのコンタクトレンズに変更することも、予防になります。

アレルゲンのチェック

自分が何の物質に対してアレルギー反応を引き起こすのかわからないという人もいると思います。自分のアレルゲンは、眼科の専門ドクターにチェックしてもらうこともできます。スクラッチテスト、血液検査、涙液の検査など、比較的簡単に調べることができます。定期的に結膜炎が発症する人は、検査してみることをおすすめします。