スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ダニに刺された跡はどうなる?薬で消すことはできる?

更新日:2018/06/27 公開日:2017/03/31

虫による皮膚疾患

ダニに刺されると、皮膚が赤くなってかゆくなるのに加えて、跡が消えずに残ることがあります。また、ダニの体内にいた病原体による感染症への警戒も必要です。ここでは、ダニに刺されたときの症状や対処法、予防法などについてドクター監修のもと解説します。

◎短くポイントをまとめると
ダニに刺された後の赤みやかゆみは薬で抑えることができる。ダニの駆除も忘れずに
マダニに刺されたら自分で取らずに皮膚科へ
刺された後はなるべく掻いたり紫外線に当てない。もしシミやしこりになった場合は皮膚科で相談
ダニに刺された後、数週間は体調の変化(発熱や頭痛など)に注意し、症状が出た場合は内科を受診

マダニ刺咬症の写真

ダニに刺されると、皮膚が赤くなってかゆくなるという不快な症状に加えて、跡が消えずに残ることがあります。また、ダニの体内にいたウイルスなどの病原体が原因で、発熱や脳炎などが起きることも知られています。ここでは、ダニに刺されるとどうなるのか、どのように対処すればいいのかを解説します。

ダニにはいろいろな種類がある

ダニには多くの種類があります。ホコリや食品の中で暮らすチリダニ、コナダニ、ツメダニはハウスダストアレルギーの主な原因として知られています。また、人間の皮膚に寄生するヒゼンダニは疥癬かいせんという非常にかゆい感染症を引き起こします。

そして皮膚を刺して血液を吸うイエダニ、ツツガムシ、マダニなどは、血を吸う際に唾液が皮膚の中に入り込んでアレルギー反応(炎症)を起こし、皮膚の赤み、かゆみが現れます。ここでは皮膚が刺されて血液を吸われてしまう「ダニ刺症」について取り上げます。

ダニに刺された跡ってどんなもの?

ここでは、皮膚を刺して血液を吸うイエダニ、ツツガムシ、マダニについて、刺された跡はどうなるのか、どう対処すればいいのかを解説します。

イエダニに刺されたら?

イエダニはネズミに寄生するダニで、人家に入り込んでくることがあります。皮膚の柔らかい部分、すなわち下腹部やわき腹、太ももの内側などを好んで刺してきます。ダニそのものは非常に小さいために肉眼では確認できませんが、刺された部分が赤くなり、強いかゆみが起こります。

これはダニの唾液に対するアレルギー反応(炎症)で、人によって発疹やかゆみの強さは異なります。かゆいからといって掻きすぎると皮膚がさらに強い炎症を起こし、跡になってしまいやすいので、なるべく掻かないようにしましょう。皮膚科や薬局で手に入るステロイド外用薬や抗ヒスタミン薬で炎症やかゆみを抑えることができます。

また、イエダニの宿主であるネズミの駆除を行いましょう。ネズミの駆除後に人家に入り込んでこようとしますので、殺虫剤などでイエダニを駆除し、しっかり掃除機をかけましょう。

ツツガムシに刺されたら?

草の多い場所や茂みなどに入った後に、衣服から皮膚が露出している場所(足首など)に赤いブツブツができていて激しいかゆみが起きていたら、ツツガムシに刺された可能性があります。よく見るとツツガムシの虫体を肉眼でみることができます(赤い水疱のように見えます)。

掻くとツツガムシ自体は死にますが、炎症やかゆみはアレルギー反応なのでしばらく続きます。この場合もステロイド外用薬や抗ヒスタミン薬で炎症やかゆみを抑えることができます。

マダニに刺されたら?

マダニは民家の裏山や畑、野生動物がいるような野外に多く生息しています。マダニに刺されても痛みを感じることはなく、気づかないうちに何日間も皮膚にくっついた状態で血液を吸い続けます。マダニは体長が1~3mmほどと大きいので、肉眼で確認することができます。太ももやわき腹など柔らかい皮膚を好みます。野外活動を終えたら、入浴時などにマダニが付いていないかチェックしましょう(冒頭の写真が吸血しているマダニです)。

もし、マダニがくっついているのを発見したときは、自分で取らずに皮膚科を受診しましょう。マダニは振り落とされないように口器をしっかり皮膚の中に差し込んでおり、無理にはがそうとすると皮膚に口器が残り、しこりのような跡になってしまうことがあります。皮膚科では適切なマダニの除去や消毒をしてくれます。

なお、マダニ対策について詳しくは『感染症を引き起こす「マダニ」とは?マダニに刺されないための対策』の記事をご覧ください。

ダニに刺された跡がなかなか消えない場合は?

ダニに刺された跡がなかなか消えずに、茶褐色のシミのようになってしまったり(炎症後色素沈着)、赤黒いしこりのようになってしまったり(結節性痒疹けっせつせいようしん)するケースがあります。

炎症後色素沈着

ダニ刺されに限らず、炎症が起きた後にシミができてしまうことがあります。これを炎症後色素沈着といいます。炎症でダメージを負った皮膚組織が回復する段階で、過剰に作り出されてしまったメラニンが皮膚内に蓄積してしまうことが原因です。

これを予防するには、炎症が起きている部分が紫外線に当たらないようにガーゼなどで覆い、保湿などのスキンケアを行うとともに、ストレス解消、バランスのよい食生活などで肌が正常にターンオーバーをできるようにしてあげることが大切です。

もし、炎症後色素沈着ができてしまったら、レーザー治療やケミカルピーリング、シミ対策の内服薬や外用薬で対策することができます。シミ治療を得意とする皮膚科で相談してみるといいでしょう。

結節性痒疹

ダニなどの虫に刺されたあとに、豆粒のような暗褐色の丘疹やしこりができる場合があり、結節性痒疹と呼ばれます。激しいかゆみがあり、掻いてしまうと傷になり、汁が出てきたり、かさぶたができたりします。症状は何年にもわたって続き、夏になると悪化することが多いです。アトピー性皮膚炎がある人がなりやすいようです。

治療は皮膚科で、ステロイドの外用薬、抗ヒスタミン薬、紫外線による光線療法などが行われます。できるだけ悪化させないためにも、医師の指示に従った治療をしていくことが大切です。

ダニに刺された数週間は体調に注意を!

ダニに刺された後は、我慢し難いかゆみが出たり、跡になって残ってしまったりするデメリットがありますが、最も問題になるのはダニの体内にいるウイルスや細菌に感染して、発熱や脳炎などを引き起こす病気になってしまうことがある点です。ダニに刺された後、数週間は体調の変化に注意しましょう。もし発熱などの症状が出た場合は、お近くの病院(内科)を受診し、いつ・どこで刺されたのかなどを伝えるようにしましょう。

このような感染症には、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)、ダニ媒介脳炎、日本紅斑熱、ツツガムシ病、ライム病などがあり、治療が遅れると命にかかわるような病気です。たかがダニと思わずに、刺されないように対策することが重要です。

参考文献

  1. ・デニス・L・カスパーほか編. ハリソン内科学 第5版. メディカル・サイエンス・インターナショナル. 2016; 153, 2808-2810

この病気・症状の初診に向いている科 皮膚科

ヘルスケア本