スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

さまざまなパターンが存在する湿疹の症状とは

更新日:2017/04/30 公開日:2017/04/30

湿疹・皮膚炎

かゆみがつらい湿疹ですが、その原因はさまざまです。湿疹の症状にはどのようなものがあるのか、どのように対応して治癒を目指すべきか、また湿疹を未然に防ぐ方法についてドクター監修の記事で解説します。

ひとくちに湿疹といっても、原因と症状にはさまざまなものがあります。湿疹はどのような原因でどのような症状が出るのか、適切な対処法とともに解説します。

なぜ起こるのか、湿疹の原因

湿疹は、皮膚に起こる炎症の総称です。このため皮膚炎とも呼ばれています。原因によって部位を問わず発生し、大きさや形状もさまざまです。その中でも共通する症状としてかゆみがあげられ、かゆみの有無が湿疹かそうでないかの判断基準となります。同じかゆみをともなうものとして蕁麻疹(じんましん)もありますが、蕁麻疹は短時間で症状が発生したり消えたりすることに対して、湿疹は少なくとも数日以上継続的に症状が出るという違いがあります。

原因物質による免疫反応で炎症が起こる

湿疹には原因物質があります。通常これらは皮膚のバリア機能によって体内に侵入することはありませんが、皮脂の分泌が不足している場合や汗の量が多すぎる場合、少なすぎる場合など皮膚の状態がバリア機能をうまく発揮できないときには体内に取り込まれてしまいます。原因物質が摂取されてしまうと皮下組織中で細胞と免疫反応を起こし、抗原となって表皮に炎症が起きますが、これが湿疹となるわけです。

皮膚への外的刺激が要因に

理由の1つとして、皮膚への外的な刺激があげられます。長時間の紫外線の刺激、寒暖差の刺激、乾燥による刺激など皮膚へのダメージを受けた場合、洗剤、石けん、化粧品などの使用で皮膚に化学的な刺激があった場合、ハウスダスト、金属、花粉などアレルギー反応を起こす物質や植物、虫、動物などへの接触があった場合など、原因と考えられるものは実に多岐にわたります。

体質も大きく影響する

いっぽう、内的な要因として乾燥肌や発汗障害、アレルギー体質などでに皮膚コンディションが低下していることから免疫、炎症反応が出やすいということも考えられます。皮膚からでなく食べたものや服用した薬による体内からの刺激でも発症の可能性があり、外的要因と内的要因が組み合わさって影響している場合も少なからずあります。

湿疹の症状と治癒への流れ

湿疹の症状がどのようなものであるのか、どのように進行するか解説します。

赤いブツブツ、紅斑が発生する

炎症が起こった場合は毛細血管が拡張します。血流が盛んになることで赤くなり、ブツブツ状のかゆみをともなう紅斑が発生します。

滲出液が染み出し、水泡が現れる

紅斑の時期を過ぎると静脈から滲出液が染み出し、滲出性丘疹と呼ばれる少し膨らんだ状態に移行します。滲出液はさらに染み出し続けて膨らみの中に貯まっていき、水泡が形成されます。水泡内に炎症を起こした細胞が増えていき濁っていくと膿疱と呼ばれます。

水泡が破れて湿潤状態になる

水泡や膿疱はやがて破れ、ジュクジュクした湿潤状態となります。滲出液が出ているうちは湿潤状態が続きますが、やがて固まり皮膚が厚くなっていき、かさぶたが形成されます。

かさぶたがはがれ、落屑がみられ治癒へ

その後かさぶたがはがれ、治癒に向かいます。症状のあった表皮細胞が粉状に落ちる落屑がみられることもあります。

通常このような経過をとって治癒に向かいますが、場合によっては症状が混在したり、カサカサのまま症状が出たり、さまざまなパターンがみられるのが湿疹という症状です。治癒に至らずに炎症が繰り返された場合には苔癬化と呼ばれる症状が出ることもあり、これは表皮が厚くなりゴワゴワとした状態になります。重症化や慢性化を避けるためにも早めに対応するべきでしょう。

湿疹の対処法

どのようにすれば適切に対応できるのか、湿疹の治癒に向けた有効な対処法を解説します。

炎症とかゆみを同時に抑える

湿疹の症状は肌にあらわれる炎症症状とかゆみが主な部分です。炎症を抑えてもかゆみが残れば無意識にかいてしまうなど悪化を招きますし、かゆみを抑えるだけでは炎症が早期に治癒しません。炎症にはステロイド薬をはじめとした外用薬で対応し、かゆみには抗アレルギー薬を服用し両者を並行して行うのが一般的な対応になります。

考えられる原因を避ける

湿疹の原因は色々な要因がありますが、外的要因であれば症状のある部位が偏っているなどの傾向があります。逆に、広範囲で左右対称な場合や着衣部と露出部で症状に変化がない場合は内的要因の可能性があるでしょう。しかし、原因の完全な特定は必ずしもできるわけではありませんので、ある程度可能性があるものを避けたり除去していきながら、外用薬や内服薬での治療を行うことが現実的な対応となるでしょう。

かかないようにする

かゆみを我慢するのは大変なことです。ですが、かいてしまうことで湿疹が悪化しさらにかゆくなるなど、悪循環に陥り慢性化や重症化を招くおそれもあります。皮膚バリアが壊れ湿疹が起こりやすくなることにもつながりますので、患部をかかないことはシンプルながらも有効な対処法といえます。

明確な原因がわかっている場合はセルフケアでも対応可能ですが、体質などの内的要因が関わっていると個人での対処は難しくなります。症状が治まらない場合や繰り返される場合、原因がはっきりしない場合は早めに皮膚科を受診するべきでしょう。

肌ケアが基本、湿疹の予防方法

湿疹自体の発症を予防するのは困難ですが、肌のコンディションを良好に保つことが湿疹の症状を起こりにくくことにつながります。有効な方法について解説します。

肌への刺激を防ぐ

日常的に肌への刺激がある場合、かゆみを感じてかいてしまうこともあります。ジーンズなどの固い繊維やウールなどの刺激の強い繊維は直接肌に触れないようにするなどの対策があります。直接肌に触れる下着、寝具などは肌にやさしい素材を選ぶなどの対策も有効です。

皮膚は清潔に保つべきではありますがシャンプー、ボディシャンプーによる洗浄が過剰になると、皮脂を奪ってしまうことになり皮膚バリア機能の低下を招きます。適度にとどめましょう。

乾燥を防ぐ

肌の乾燥でも皮膚バリア機能に影響があり、原因物質が侵入しやすい湿疹が起こりやすい状態となります。冬場は空気が乾燥しがちですので部屋で加湿器を使うなどの対策は有効です。スキンケアでしっかり保湿することも皮膚を守ることになります。

肌の健康維持に亜鉛の摂取も

亜鉛とは体内では鉄の次に含まれる微量ミネラルで、成人の体内には約2g存在するといわれています。細胞分裂の働きに関係しているとされ、亜鉛が不足した場合は皮膚のコンディションが悪化し湿疹が起こりやすくなります。

アルコールをはじめ、玄米などの未精製穀物、食品添加物に含まれるフィチン酸の摂取によって、大量に消費される場合や体外に排出される場合もあります。お酒や未精製穀物をよく摂取する方は牡蠣、レバー、牛肉、卵、チーズなどの亜鉛を多く含む食材を積極的に取ったり、サプリメントで補給したりすることで不足しないように気を配りましょう。

健康な肌をつくることが湿疹を予防する助けになります。もし症状が出た場合は重症化しないように早めに対処しましょう。

ヘルスケア本