スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

扁桃腺炎の原因について

更新日:2017/05/25 公開日:2017/04/06

扁桃炎(扁桃腺炎)の基礎知識

免疫力が低下しウイルスや細菌が増殖すると、扁桃腺に炎症が起こります。これが扁桃腺炎と呼ばれている症状です。扁桃腺炎の原因や種類と効果的な予防方法について、ドクター監修のもと紹介します。

急性扁桃腺炎は、高熱と激しいのどの痛みをともないます。放置することで慢性化したり重症化する場合があるため、早めに医療機関を受診することが大切です。

扁桃腺炎の原因

のどを大きく開けたときに、左右の舌の付け根あたりにある丸い膨らみが扁桃腺です。扁桃腺は白血球を多く含むリンパ組織で、口や鼻から侵入しようとするウイルスや細菌を防ぐ役割をしています。体の免疫機能が十分にできていない子供は扁桃腺が大きく、扁桃腺炎にかかりやすい傾向があります。大人になるにつれて、体中の免疫機能が十分に形成されることで、扁桃腺は萎縮していきます。体の免疫力が十分にある場合は、リンパ組織の働きによりウイルスや細菌の侵入を抑えることができます。しかし、かぜをひいている場合や、過労や寝不足により免疫力が低下している場合は、リンパ組織の力が弱くなり、細菌やウイルスが増殖し、扁桃腺が炎症を起こします。これが扁桃腺炎です。扁桃腺炎を引き起こす主な原因は、細菌やウイルスによる感染によるものです。インフルエンザ菌や溶血連鎖球菌、黄色ブドウ球菌、単純ヘルペスウイルスなどにより引き起こされます。

扁桃腺炎のメカニズム

扁桃腺炎は、大きく分けて急性扁桃腺炎と慢性扁桃腺炎の2つに分けることができます。症状は似ていますが、それぞれ発症するメカニズムが違います。

急性扁桃腺炎

免疫力が低下することで、ウイルスや細菌により扁桃腺が炎症を起こすことで発症します。口を大きく開けたときに、左右の扁桃腺が赤く腫れていることが特徴です。悪化することで、扁桃腺の表面に白い膿ができることがあります。扁桃腺が炎症を起こすことで、38℃以上の高熱が出て、関節痛をともなう場合があります。また、のどが腫れているため、食べ物を食べたり飲み物を飲んだりするだけでも痛みを感じ、食欲不振になる場合もあります。扁桃腺の痛みが首や耳にまで及ぶ場合は、中耳炎を併発している可能性もあるようです。

急性扁桃腺炎の治療方法

急性扁桃腺炎を引き起こしている原因菌を弱らせるために、抗生物質を処方します。原因がウイルスにある場合は、抗生物質が効かない場合が多いため対症療法を行います。まずは、熱を下げたりのどの痛みを緩和させたりするために、解熱剤を処方します。解熱剤は熱を下げる働きをし、2日から3日で効果が出ることが多いです。次に、扁桃腺の炎症を抑えるために、のどの消毒やうがい薬を処方します。食欲不振の場合には、点滴を行う場合もあります。適切な治療を受けて安静に休むことで、1週間程度で完治するといわれています。

慢性扁桃腺炎

急性扁桃腺炎の症状が1年のうちに何回もくり返し発症する場合は、慢性扁桃腺炎の可能性があります。慢性扁桃腺炎の原因は急性扁桃腺炎と同じで、ウイルスや細菌によるものです。慢性扁桃腺炎の場合は、扁桃腺炎をくり返していくうちにこれらの菌が常在菌となってしまっているケースが多いようです。慢性扁桃腺炎は、特徴によって3つの種類に分けることができます。

習慣性扁桃腺炎

扁桃腺が大きい子供に多く、1年のうちに急性扁桃腺炎の症状を4回以上くり返してしまう症状です。

慢性単純性扁桃腺炎

大人になるにつれて、体のリンパ組織が発達し萎縮するはずの扁桃腺が、急性扁桃腺炎をくり返すことにより大きさを保ったまま存在している状態です。急性扁桃腺炎をくり返しているため、ウイルスや細菌が常在していることが多く、免疫力が低下することにより急性扁桃腺炎の症状を引き起こします。大人が発症することが多く、のどの乾燥や痛みが続くことが特徴です。1年に4回以上くり返す場合は、扁桃腺を切除することで症状を改善する場合があります。

病巣性扁桃腺炎

急性扁桃腺炎をくり返してきたことで、ウイルスや細菌が常在菌として存在しており、扁桃腺ではなく他の場所に症状があらわれる疾患です。そのため、扁桃腺炎の症状はほぼない場合が多いようです。常在菌が溶血性連鎖球菌の場合には、皮膚科疾患やリウマチなどを引き起こす場合があります。病巣性扁桃腺炎の場合は、扁桃腺を切除しないと症状が改善しないといわれています。

扁桃腺炎を起こしやすい人

一般的に扁桃腺炎は、体のリンパ組織が完成しておらず、扁桃腺が大きい状態にある子供に多くみられます。また、慢性扁桃腺炎の場合は、大人でも発症する場合があります。扁桃腺炎は、体の免疫力の低下により、ウイルスや細菌が増殖しやすくなることが原因です。かぜをひいていたり、ストレスや過労により免疫力が低下している場合も、扁桃腺炎を起こしやすくなります。

扁桃腺炎を起こさないための予防方法

扁桃腺炎を起こさないためには、次の点に気をつけるといいでしょう。

のどを乾燥させない

細菌やウイルスは空気が乾燥しているときに増殖しやすくなります。のども同じで、粘膜が乾燥することでリンパ組織の機能が低下し、ウイルスや細菌の働きが活発になります。その結果、扁桃腺が炎症を起こしやすくなるのです。のどを乾燥させないためには、保湿が大切です。加湿器を使用したり、こまめに水分を取るように心がけましょう。

免疫力を低下させない

免疫力の低下は、扁桃腺炎を引き起こす大きな要因となります。普段から規則正しい生活を心がけて、疲れやストレスを溜めないようにしましょう。免疫力をつけるには、バランスのとれた食事も欠かせません。偏食は避けて、1日3食をしっかりと食べるようにしましょう。

かぜを予防する

かぜをひいてしまうと体の免疫力が低下して、細菌やウイルスの働きを抑えることができなくなります。普段から手洗いうがいをして、かぜをひかないように対策を行うことが大切です。

一番大切なのは免疫力を低下させないこと

扁桃腺炎は、免疫力が低下することで細菌やウイルスを抑制することができなくなり発症します。普段から免疫力を低下させないように、規則正しい生活を送るよう心がけましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 耳鼻咽喉科

今すぐ読みたい